娘に「1人は寂しいよね?」とささやく姑。困惑していると…→娘が答えた”見事な訴え”で姑が黙り込む展開に!!<スカッと体験談>

娘に「1人は寂しいよね?」とささやく姑。困惑していると…→娘が答えた”見事な訴え”で姑が黙り込む展開に!!<スカッと体験談>

娘に「1人は寂しいよね?」とささやく姑。困惑していると…→娘が答えた”見事な訴え”で姑が黙り込む展開に!!<スカッと体験談>

娘に「1人は寂しいよね?」とささやく姑。困惑していると…→娘が答えた”見事な訴え”で姑が黙り込む展開に!!<スカッと体験談>

いつまでもかわいい“子ども”だと思っていた我が子が、時には大きな助け舟を出してくれることも。
みなさんは子どもに助けてもらったことはありますか?

同居している姑

6歳の長女に救われた話です。

主人の親と同居をして10年以上になりますが、嫁姑関係は良くありません。
事あるごとに文句しか言わない姑に耐える日々です。

子どもを1人授かった時、1人っ子は可哀想だと言われ続けています。

勝手に可哀想とか決めないで!

ある日、子どもと夕食の準備をしているときに、姑がまた子どものことを言い始めました。
「兄弟が欲しいよね?1人は寂しいでしょ??」と子どもに向かって言うのです…。

私だけではなく子どもにまで、自分の考えを押し付けようとする姑に
文句を言ってやろうと思っていると…

子どもが「おばあちゃん、うるさいよ!」
「パパやママが毎日楽しくしてくれてるから寂しくないよ。」
「勝手に可哀想とか決めないで!」と言いました。

私が言うと喧嘩になるのを察して子どもが先に言ってくれました。
本当に有難かったです。

(42歳/会社員)

あなたの周りにもこんな人いませんか?

いざという時助けてくれる存在って心強いですよね。
みなさんのお子さんはどうですか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(liBae編集部)


~みんなが注目~

~人気記事まとめ~