「離乳食は手作り一択!」そんな講師の言葉に落ち込んでいると…→後日、栄養士からの”労りの一言”に胸スカッ!!<スカッとエピソード>

「離乳食は手作り一択!」そんな講師の言葉に落ち込んでいると…→後日、栄養士からの”労りの一言”に胸スカッ!!<スカッとエピソード>

「離乳食は手作り一択!」そんな講師の言葉に落ち込んでいると…→後日、栄養士からの”労りの一言”に胸スカッ!!<スカッとエピソード>

「離乳食は手作り一択!」そんな講師の言葉に落ち込んでいると…→後日、栄養士からの”労りの一言”に胸スカッ!!<スカッとエピソード>

妊娠や出産は何度経験しても辛いものですが、時には思わぬところから大きな助け舟が出ることも。
みなさんは周囲に助けてもらったことはありますか?

今回は実際に募集した、育児でのスカッとエピソードをご紹介します!

栄養士さんからのアドバイスで…

1人目の子どもの時、離乳食にとても苦労しました。
すべて手作りで作っていましたが、上手く食べてくれず落ち込んでいました。

市が運営する離乳食の講習会にも参加していたのですが、
講師の先生は「料理は手作り一択!手作りじゃない料理は推奨しません!」という考えの人。

そんな講習に通っていると、どんどん私の心が憂鬱になっていきました。

迎えた1歳の検診の時、栄養士の方に離乳食の話を相談してみました。

すると栄養士さんは
「手作りじゃなくていいよ!にこにこ笑顔でお母さんと一緒に食べることが子どもの一番の栄養だよ!」と言ってくださいました。

その時から、吹っ切れて楽しい食事ができるようになりました。

(38歳/主婦)

読者の感想

手作りでもそうじゃなくても、愛情をこめて育ててくれればちゃんといい子に育ちます!
今のご時世、絶対に手作りじゃなきゃいけないということはないと思いました。
その先生は自分がずっとそうだったのでしょう…。
ずっと押し付けてるように感じました。

(27歳/在宅ワーカー)

手作りじゃなくても市販のものは特に栄養素がちゃんと考えられているもので、逆によく使ってました。
寝不足で憂鬱な気持ちになりがちな育児で、絶対手作りなど負担でしかありません。
赤ちゃんにとって1番の栄養素はママの笑顔ですね。

(51歳/専業主婦)

手作りじゃないとダメなんてありえないです。
そんなんしてたら心身ともにやられてしまっても仕方ないです。
便利な世の中なので、利用できるものは利用して楽をしてもいいんです。
子育てに絶対なんてない。正解も不正解もないはずです。

(42歳/飲食店スタッフ)

あなたの周りにもこんな人いませんか?

いざという時助けてくれる存在って心強いですよね。
みなさんの周りはどうですか?

以上、育児でのスカッとエピソードでした。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
▼みなさんの体験談も絶賛募集中です!▼

(liBae編集部)


~みんなが注目~

~人気記事まとめ~