店員「絶対6つまでです!」商品の”個数制限”で店員と口論に。しかし…間違いに気付いた店員が逆ギレし始めて!?→「まずは謝罪だろ!!」

店員「絶対6つまでです!」商品の”個数制限”で店員と口論に。しかし…間違いに気付いた店員が逆ギレし始めて!?→「まずは謝罪だろ!!」

店員「絶対6つまでです!」商品の”個数制限”で店員と口論に。しかし…間違いに気付いた店員が逆ギレし始めて!?→「まずは謝罪だろ!!」

店員「絶対6つまでです!」商品の”個数制限”で店員と口論に。しかし…間違いに気付いた店員が逆ギレし始めて!?→「まずは謝罪だろ!!」

外出先でトラブルに遭遇すると、気分が台無しになりますよね。
どんなに気をつけていても、時に想定外の展開が起こってしまうことも…

今回は実際に募集した、外出先でのトラブルエピソードをご紹介します!

店員さんが勘違い!?

先日、よく利用するスーパーで、とあるパスタソースが格安で売られていました。

レトルト製品は普段あまり安くならないため、喜んで購入することに。

「各6つまで」となっていたため、ナポリタンソースを6つ、ミートソースを6つレジに持っていったところ、
レジ担当者に「合わせて6つまで」だと断言されました。

そんな風には読み取れませんでしたが、その場は合わせて6つ購入しました。

しかし同じものを購入した友人からそれぞれ6つで購入したと聞き、店員へ再度確認することに。

するとレジ担当者は「誰にだって間違いはあるし。人の揚げ足取らないでくれる?」とまさかの発言が。

ただ確認をしただけなのに逆ギレされるとは…。

二度手間で嫌な思いをした私は思わずイラっとしてしまい、
その言い方は何なの!?と思わず言いたくなってしまいました。

(30代/主婦)

読者の感想

指摘を攻撃と捉える人は周りにもいますが、よく行くスーパーのレジでこんなことを言われたら相当嫌な気持ちになります。
とっさに言い返さず飲み込んでいるのがとても大人だなと思いました。

(39歳/主婦)

店員さんの言い方に不快感を感じました。
揚げ足をとったわけではないのにそのような対応はないと思います。
上の人を呼んでもよかったかもしれません。
もしまだセールをやっているのであればもう一度6個買ったらいいと思います。

(25歳/学生)

スーパーはスタッフが多いので、こういう話の行き違いは結構頻発するのかもしれません。
でも、逆ギレのような対応は正しかったとは言えないですね。
担当の人がいつもそういう人ならクレームも何度か入っていると思います。

(30歳/パート)

あなたの周りにもこんな人いませんか?

お互いが気持ち良く過ごすために、最低限の配慮はしてほしいものですよね。

以上、外出先でのトラブルエピソードでした。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(liBae編集部)


~みんなが注目~

~人気記事まとめ~