運転手「お母さん、大丈夫だよ!」バスでぐずりだした我が子に慌てていると…。その時流れた“車内アナウンス”に胸スカッ!!<スカッと体験談>

運転手「お母さん、大丈夫だよ!」バスでぐずりだした我が子に慌てていると…。その時流れた“車内アナウンス”に胸スカッ!!<スカッと体験談>

運転手「お母さん、大丈夫だよ!」バスでぐずりだした我が子に慌てていると…。その時流れた“車内アナウンス”に胸スカッ!!<スカッと体験談>

運転手「お母さん、大丈夫だよ!」バスでぐずりだした我が子に慌てていると…。その時流れた“車内アナウンス”に胸スカッ!!<スカッと体験談>

外出先でトラブルに遭遇すると、気分が台無しになりますよね。
しかしそんな時、思わぬところから助け舟が出ることも。

みなさんは誰かに助けてもらったことはありますか?

高校生に助けられた話

私が大学生の頃の出来事です。

電車で1人で自宅へ帰るとき、車内は混んではいなかったのですが、出入り口付近に立っていました。
しばらくするとまったく密着する必要もないのに、背後にぴったりと立つ男が…。

声も出すこともできなかったので、何とか違う車両に移動し座席に座ったのですが、
その男が追いかけてきて無理やり隣に座ってきました。

恐怖を感じすぐに移動したところ、またその男性がついてきたのです。

もうどうしていいか分からなかったときに、その状況を見ていた男子高校生数人が
「お姉さん、こっちこっち、僕たちの間にいれば大丈夫だから」と声をかけてくれました。

そして中央に座っていた男子高校生が席を譲ってくれ、
その後、私の前に立ってその男性が近づいてこないようにしてくれました。

(44歳/会社員)

運転手さんの気遣い

子どもがまだベビーカーに乗っていた頃、バスに乗って遠出しなければならない用事がありました。

ベビーカーで乗車できたものの、平日の昼時で車内は人が多く、
私は仕方なく子どもを抱っこ紐に変えて、ベビーカーを折りたたみ、端の方で大人しくしていました。

乗り始めて10分もするとだんだん人が多くなってきて肩身が狭くなり、
更に子どもが私の不安を察知したのかぐずり始め…

乗客の視線が辛くて思わず降車ボタンを押したその時!

すると運転手さんがマイクで「お母さん!降りなくても大丈夫だよ!全然うるさくないよ!」と声をかけてくれたのです。

私はその心遣いが嬉しくて泣いてしまいました。
その後は他の乗客の方が席を譲ってくれたり、親切にしてもらって無事に目的地に着くことができました。

あの時の運転手さんには本当に感謝です。

(34歳/会社員)

あなたの周りにもこんな人いませんか?

いざという時助けてくれる存在って心強いですよね。
みなさんの周りはどうですか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
▼みなさんの体験談も絶賛募集中です!▼

(liBae編集部)


~みんなが注目~

~人気記事まとめ~