私の料理を「田舎くさい」とケチをつける義母。その直後、義父の”痛快な一言”で義母に制裁が下される!!<スカッと体験談>

私の料理を「田舎くさい」とケチをつける義母。その直後、義父の”痛快な一言”で義母に制裁が下される!!<スカッと体験談>

私の料理を「田舎くさい」とケチをつける義母。その直後、義父の”痛快な一言”で義母に制裁が下される!!<スカッと体験談>

私の料理を「田舎くさい」とケチをつける義母。その直後、義父の”痛快な一言”で義母に制裁が下される!!<スカッと体験談>

義実家との人間関係はどうしても気を遣いがちですが、時には大きな助け舟を出してくれることも。
みなさんは義父母に助けてもらったことはありますか?

今回は実際に募集した、義両親のスカッとエピソードをご紹介します!

野菜や山菜を使った田舎料理が得意

私は福岡の田舎生まれで、大阪に嫁いできたばかりの頃のことです。

田舎で畑や田んぼに囲まれて育ったので、おしゃれな料理や、肉や魚を使った料理よりも
野菜や山菜を使った素朴な料理が大好きで、よく作っていました。

ゴールデンウィークに義実家に集まることが決まり、
「手土産以外に何か簡単な料理を持ち寄ってね」と頼まれました。

メインは義実家が用意してくれるとのことでした。

義姉夫婦は野菜を使ったマリネやサラダを持っていくとのことだったので、
私はふきや筍の煮しめ、山菜の天ぷらなど持っていくことにしました。

実家に到着して、それぞれ持ち寄ったものをテーブルに並べ、
いざみんな揃って食べ始めたときのことです。

義母が「嫁ちゃんが持ってきたものはこれとこれなの?田舎くさい料理でテーブルが地味になるわね。それに比べて娘はさすがお洒落な料理よね」と言ってきました。

私は急な出来事に「すみません」と謝ることしかできませんでした。

その後も、何かに付けて私の料理に田舎くさいとダメ出しする義母に、とうとう義父が怒り出し
「私も田舎の山育ちだ。嫁ちゃんが作ってきたものは懐かしい味で、お酒も進む。
お前のようにデパ地下で買い揃えたローストビーフやら御造りよりもよっぽど美味い」と一喝してくれたのです。

義母は一気にシュンとなり、それ以降は何も言われることはありませんでした。

(40代/主婦)

読者の感想

育った地域も違えば、食べ物の好みも違ってきますよね。
私は祖母に育てられて、昔から田舎料理で育ってきたので田舎料理が大好きです。
お義父さんには、田舎料理のいいところが分かってもらえて良かったですね。

(34歳/会社員)

簡単な料理を持ち寄るこのシチュエーションは、想像しただけでも苦手だなと感じました。
それなのに、こんなことを言われたら自分ならどうしただろうと思いました。
予想外の義父の嬉しい援護があってよかったなと思います。

(39歳/専業主婦)

義母の言葉は本当にありえなく、腹立たしかったですが、まさにスカッとですね。
義父がきっぱり言ってくれた所が凄くかっこよかったです。
人として扱ってくれないとは、いくら義母とはいえ私は話したくもないです。

(51歳/専業主婦)

あなたの周りにもこんな人いませんか?

いざという時助けてくれる存在って心強いですよね。
みなさんの周りはどうですか?

以上、義両親のスカッとエピソードでした。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
▼みなさんの体験談も絶賛募集中です!▼

(liBae編集部)


~みんなが注目~

~人気記事まとめ~