「だから止めただろ!」雪の日、夫の忠告を”無視して”出かけた義母。数時間後、帰宅した彼女の一言に憤怒!!<実録!義実家トラブル>

「だから止めただろ!」雪の日、夫の忠告を”無視して”出かけた義母。数時間後、帰宅した彼女の一言に憤怒!!<実録!義実家トラブル>

「だから止めただろ!」雪の日、夫の忠告を”無視して”出かけた義母。数時間後、帰宅した彼女の一言に憤怒!!<実録!義実家トラブル>

「だから止めただろ!」雪の日、夫の忠告を”無視して”出かけた義母。数時間後、帰宅した彼女の一言に憤怒!!<実録!義実家トラブル>

家族とはいえ、どうしても気を遣ってしまう義実家関係。
みなさんは悩んだことありますか?

モノに当たる義父…

同居の義父は、とにかく扉を閉める音がうるさい人でした。
特に怒っている時は本気でドアを閉めます。

築35年の家はリフォームをしたと言っても下の音が筒抜けで、それなのに大きな音で扉をバンバン閉めます。
次女が赤ちゃんでしたが、幸い大きな音が鳴っても寝ている子なのでそこは救われました。

その日も何か気に入らないことがあったのか、家中のドアをバタンバタン。
またか、ともう本当にウンザリしていました。

そして次女をお風呂に入れようとすると、いつもと違う事に気が付きました。

2センチほどでしたが、お風呂のドアにヒビが入っていたのです…。
リフォームして2年くらいの出来事です。

いい歳して自分のストレス発散に他人や物を巻き込まないで欲しいものです。

(37歳/専業主婦)

忠告を無視して出かけた義母は…

ある日、義母が車で出かけました。

昼過ぎから小雪が舞い始めていたので「車はやめた方がいいよ」と夫が止めましたが、
義母は「平気平気!」と言って、フリースを羽織ってバッグ一つで運転していってしまいました。

夫が心配していたのは義実家の車のタイヤが夏タイヤのままだったから…なのですが、
雪はどんどん降ってきて、うっすら積もり始めたのです。

夕方の渋滞もあいまって、スリップするのが怖くなった義母は、
近くにあったゲーム屋の駐車場に止めさせてもらい、
凍える寒さの中でバス停に並び、日が暮れて雪がまだ降る中やっと帰宅。

車だからと油断してコートも持たず、靴も雪に濡れてしもやけになりそうなほど冷えていたようで、超不機嫌…。

「もっとちゃんと止めてくれたら私だって出かけなかったわよ!」と吐き捨て、
義母は風呂場に消えていきました。

翌日そのゲーム屋にお礼の菓子折りを持って車を引き取りに行ったのは息子(夫)です…。

(54歳/アルバイト)

あなたの周りにもこんな人いませんか?

なるべく円満な関係を築いていきたいと思っても、なかなか難しい義実家関係。
みなさんだったらどうしますか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
▼みなさんの体験談も絶賛募集中です!▼

(liBae編集部)


~みんなが注目~

~人気記事まとめ~