【鳥肌】家の階段を上がる見知らぬ女性。声をかけた瞬間、ピタッと動きが止まり…ゾワッ。<ちょっとした恐怖体験>

【鳥肌】家の階段を上がる見知らぬ女性。声をかけた瞬間、ピタッと動きが止まり…ゾワッ。<ちょっとした恐怖体験>

【鳥肌】家の階段を上がる見知らぬ女性。声をかけた瞬間、ピタッと動きが止まり…ゾワッ。<ちょっとした恐怖体験>

【鳥肌】家の階段を上がる見知らぬ女性。声をかけた瞬間、ピタッと動きが止まり…ゾワッ。<ちょっとした恐怖体験>

みなさんは“恐怖体験”したことありますか?
今日は実際にユーザーが体験した、ちょっとゾクッとした話をご紹介いたします!

バイトが終わるまで待ち伏せ…

喫茶店でバイトしていた時のことです。
のんびりした店で店主の意向もあり、お客様と長く話すことは普通でした。

ある日、初見の男性に対していつも通りの接客をしたところ、帰りに待ち伏せされていて…。
話しかけられる以上のことはなかったのですが、とても怖かったです。

何回か続いた後店主に相談し、いつの間にか収まりました。

(匿名)

家に現れたのは…

私が小学生のときの話です。
母親と口喧嘩になり、家にある洋間のソファに1人座り不貞腐れていました。

うちの家は洋間に階段があり、私の座っているソファの真正面に階段がある配置になっていました。

ずっと階段をぼけっと眺めていると…
階段を髪の短い知らない女の人がスローモーションで上がっていくのが見えて…。

咄嗟に「誰…!?」と聞こうとした時でした。

その人の動きがピタッと止まり、ゆっくりこっちを向こうとしたので、私は凄く怖くなり、おじいちゃんの部屋に逃げ込みました。

しばらくして階段を見にいくと誰も居ませんでした。

幻覚だったのか、本物の見てはいけないものだったのか…。
今になってもわかりません。

(30歳/保育士)

いかがでしたか?

今回は、身の回りで起きた怖い恐怖体験のエピソードでした。
※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(liBae編集部)


~みんなが注目~

~人気記事まとめ~