「君さ…」ノルマが達成できない私に、上司が言った一言に唖然…<ナチュラルに傷ついた話>

「君さ…」ノルマが達成できない私に、上司が言った一言に唖然…<ナチュラルに傷ついた話>

「君さ…」ノルマが達成できない私に、上司が言った一言に唖然…<ナチュラルに傷ついた話>

「君さ…」ノルマが達成できない私に、上司が言った一言に唖然…<ナチュラルに傷ついた話>

悪気はないけど、ナチュラルに傷付くことを言われることってありますよね。
今回は、ユーザーが体験したエピソードをご紹介します!

整形した方が良くない?

「私、やっぱり目が小さい子ってめちゃくちゃ損していると思う。絶対さ、整形した方がよくない?」この発言をした友達は誰もが羨むパッチリ二重で、対する私は重い一重でした。シンプルに傷ついたことを今でも忘れません。
(21歳/会社員)

君、友達が少なすぎるんじゃないの?

昔、働いていた時の話です。
毎年、契約のノルマがあったのですが、年々契約をお願いできる友人知人も減っていき、私はなかなか達成することができませんでした。
限界を感じた私は、ノルマがしんどいので退職させてほしいと当時の上司に伝えました。

すると上司は、「もっと友達の輪を広げないとだめだよ。君、友達が少なすぎるんじゃないの?」と、ストレートに言ってきたのです。
その言葉を思い出すと、今でもイライラが止まりません。

(31歳/専業主婦)

いかがでしたか?

いろんな人がいるとはいえ、できれば円満な関係を築いていきたいですよね…。
※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(liBae編集部)

~みんなが注目~


~人気記事まとめ~