義姉「そんな子ほっといていいから」初めて挨拶に行った日、義実家で待っていると義姉から”タオル”を投げつけられ…?<衝撃の義実家エピソード>

義姉「そんな子ほっといていいから」初めて挨拶に行った日、義実家で待っていると義姉から”タオル”を投げつけられ…?<衝撃の義実家エピソード>

義姉「そんな子ほっといていいから」初めて挨拶に行った日、義実家で待っていると義姉から”タオル”を投げつけられ…?<衝撃の義実家エピソード>

義姉「そんな子ほっといていいから」初めて挨拶に行った日、義実家で待っていると義姉から”タオル”を投げつけられ…?<衝撃の義実家エピソード>

家族とはいえ、どうしても気を遣ってしまう義父母関係。
今回は、ユーザーが義実家にてちょっと頭を悩ませたエピソードをご紹介します!

「私孫がほしいの。」

結婚して1年が経ってから義母から電話がよくかかってくるようになりました。
たわいもない話で電話してきたのかと思いきや義母から「私孫がほしいの。」と。
いきなりすぎて笑ってごまかしました。
義母には孫がいないわけではなく4人も孫がいるのに孫がほしいと何回も電話してきました。
しまいには家に遊びに行くと不妊治療の資料を見せてきました。
非常識にもほどがあると思いました。
こんなにデリケートな問題にズカズカ首突っ込んでくるなんてありえません。
こんな姑だと思ってませんでした。
(30代 専業主婦)

義理の姉にタオルを投げつけられた…!?

主人と交際して、初めて主人のお姉さんにご挨拶する事となり、その日主人は用事があったので夕方まで不在でした。
しかし、義理のお姉さんがお昼には実家に帰って来ると言うので、私だけ主人のお父さんと2人でお姉さんを待つ事にしました。
ですがお昼を過ぎてもお姉さんは帰ってこず、私は主人の部屋で待ちくたびれたのと緊張し過ぎて少し寝てしまっていました。
そして夕方の17時前にお姉さんが帰って来た声がしたので、急いで主人の部屋からお姉さんにご挨拶する為駆け寄ると、いきなりタオルを投げつけられて、私が帰ってきたのに何ですぐ出迎えないのか!と言い、私を置いてご飯を食べに行こうとお義父さんに大きい声で言っていました。
お義父さんが私を誘うと、「そんな子ほっといていいから」と言われました。
主人に伝えて、お姉さんと主人が大喧嘩していました。
数ヶ月にお姉さんに謝罪して頂きましたが、今でも訳わからないです。
(34歳パート)

いかがでしたか?

いろんな人がいるとはいえ、できれば円満な関係を築いていきたいですよね…。
※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(liBae編集部)

~みんなが注目~


~人気記事まとめ~