「え、売切れ続出…!?」発売開始から大人気の”紅いもんぶらん”ウマすぎてバカ売れ納得です。

「え、売切れ続出…!?」発売開始から大人気の”紅いもんぶらん”ウマすぎてバカ売れ納得です。

「え、売切れ続出…!?」発売開始から大人気の”紅いもんぶらん”ウマすぎてバカ売れ納得です。

「え、売切れ続出…!?」発売開始から大人気の”紅いもんぶらん”ウマすぎてバカ売れ納得です。

2021年6月1日にミニストップで、「紅いもんぶらん」が新発売されました。
数あるコンビニのモンブランの中でも、紅芋を使っているのがちょっと珍しいアイテム。

今回は、ネーミングからして可愛らしい「紅いもんぶらん」のお味と、過去商品との違いなどを確かめてみたので、さっそくレポートしていきます。

(1)購入してました!

発売開始すぐにミニストップに向かうと、ポップはあるものの肝心の商品がない!
他の新発売アイテムが残っている中、さっそく売り切れてしまったようです。
人気のほどが伺えますね。

次の日も同じく空の棚がお出迎え。
スタッフさんによると、「見た目も可愛いからか、すぐ売れてしまうんです」とのこと。
別の店舗をはしごして、ようやくゲットできました!

(2)紅いもんぶらんとは?

「紅いもんぶらん」は真っ白な生クリームの上に、美しいモンブラン絞りの紅芋クリームがたっぷりと載っていて、コントラストがとってもキレイ!
容器は手のひらに収まるくらいのサイズ。

価格は259円(税込)、285キロカロリーです。
一般的なモンブランのカロリーが425キロカロリーとされているので、ちょっと低めとポジティブに考えることもできそうです(笑)

紅芋は、食物繊維やビタミンたっぷりのさつまいもの栄養素に加え、ポリフェノールも含まれているのが嬉しいですね。

(3)全5層のご紹介

トップのモンブランクリームはほんのりとした紫色から想像できるとおり、紅芋ペーストに生クリームを混ぜた、柔らかい食感です。

沖縄の定番土産、紅芋タルトと比べると紅芋の主張は控えめ。
それでも、紅芋特有のほっこり、もったりとした食感と、強い甘みが感じられて美味しい!
ところどころ紅芋の皮や粒が混じっている素朴感も、ポイントです。

甘さ控えめの生クリームの下にも3つの層が隠れていました。
真ん中にふわふわのスポンジケーキ、ミルク系のムース、紅芋のムースです。
ケーキとミルクムースは生クリームと同様に、甘さ控えめで主張しないタイプ。

一番下の紅芋ムースは、紅芋の濃厚さが詰まっていて、むちっとした食感とともにインパクトが強いのが特徴です。
同じ紅芋でありながら、ムースとモンブランクリームとの違いが楽しめる仕上がりでした。



~みんなが注目~

~人気記事まとめ~