【今暁】イマヤケ…?違います!読めたらドヤれちゃう

【今暁】イマヤケ…?違います!読めたらドヤれちゃう

(1)「今暁」って何と読む?

あなたは「今暁」って何と読むか知っていますか?
読んだことも見たこともない…という人もいるでしょう。

イマヤケと読みたくなりますが、正解は全然違います!

「今暁」は「こんぎょう」と読むのが正しいのです。
なかなか使う機会がない言葉なのでむずかしいですよね。

でも、これを覚えておけば周囲の人から一目置かれますよ!

(2)「今暁」の意味

今暁の読み方を覚えても、意味がわかっていなければ意味がありません。
漢字からどういう意味なのか推測してみましょう。

「暁(あかつき)」という漢字がポイントですよ!

「暁」とは、太陽が昇る前のことをいいます。
夜が明ける前の薄暗い時間帯のことです。

これをヒントとして考えれば「今暁」の意味もわかるはずですね。

「今暁」とは、今日の夜明け方という意味があります。
漢字の意味がわかれば、むずかしい言葉も覚えやすいですよね。

(3)「暁」は「しののめ」「あけぼの」と違う?

さきほど説明した「暁」ですが、夜明けを指す言葉はほかにもあります。
それは「東雲(しののめ)」と「曙(あけぼの)」です。

これは聞いたことがある人も多いでしょう。

それぞれ夜明けを表現する言葉ですが、実は細かく違いがあります。
「あかつき」は夜になってから、明るくなる前の暗い頃。
「しののめ」は、夜が明ける手前の東の空が明るくなってきた頃。
「あけぼの」は、日の出の頃を言います。

違いがわかりにくいですが、社会人として覚えておくといいでしょう。

(4)「暁」のもうひとつの意味

「暁」にはほかにも意味があるのを知っていますか?
「~のあかつきには~する」なんて言い回しをよく聞きますよね。

「あかつきには」という言い回しは、「ある物事が成功した際」という意味になります。
よく使われる言い回しなので、正しく理解しておくべきです。


「今暁」という言葉の読み方や意味はわかりましたか?
今回は読み方だけでなく、「暁」のいろいろな意味を解説しました。

まだ知らない人には、ドヤ顔で教えてあげましょう!

(liBae編集部)

みんなが注目

~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6
~オススメ一覧~


~編集部おすすめ~