【浅蜊】読めたらスゴイ?お味噌汁に入ってると嬉しいあの食べ物

【浅蜊】読めたらスゴイ?お味噌汁に入ってると嬉しいあの食べ物

今回ご紹介する漢字は「浅蜊」。
地味に読めたらスゴイかも!
ヒントはお味噌汁に入っていると嬉しい食べ物ですよ。

(1)「浅蜊」なんて読む?

さっそく正解をみていきましょう!
「浅蜊」の読み方、正解は...「あさり」です。

健康食品としても人気の「浅蜊」。
お味噌汁だと旨みがさらに感じられますよね。
特に二日酔いの朝に最適です!

あなたは正解できましたか?

(2)「浅蜊」だけじゃない!ほかの漢字もチェック

一般的に「あさり」は「浅蜊」と表記されますが、実は「あさり」には別の漢字もたくさんあるんです。

シンプルに「浅利」と書くこともできますし、単漢字で「蜊」や「鯏」と表記されるのをみたことがある方も少なくないでしょう。

また「蛤蜊」や「蛤仔」、「求食貝」とも書くことができます。

(3)表記ごとの違いとは?

浅瀬に生息する「浅蜊」。
「利」という漢字には潮干狩りのように土を掘り起こすという意味も含まれています。

これがそのまま「浅蜊」「浅利」の漢字の由来となっているようです。
「虫」へんがついていますがこの意味が指す「虫」とは這う小さい生き物のこと。
単漢字の「蜊」のみでも言い表すことができるのも納得です。

また「鯏」は「うぐい」とも読める日本独特の漢字、国字になります。
「蛤蜊」や「蛤仔」はその姿かたちから「蛤(はまぐり)」の子どものようであることを示す当て字です。

見慣れない「求食貝」という漢字は魚類を求めて「漁(あさ)る」という意味から使われるようになったそうですよ。
いずれも「浅蜊」の特徴をとらえた漢字になっているんですね。

(4)「浅蜊」の見分け方

最後に少し「浅蜊」の豆知識をご紹介。
「浅蜊」を選ぶときは模様がはっきりしているものを買うと殻が薄く、身が大きいとのこと。

茶色と黒の独特な模様が目印の「浅蜊」。
育った海の環境でいろんな模様があるのも「浅蜊」のおもしろい特徴でもあるんですね。


今回は「浅蜊」について解説してきました。
これだけいろんな漢字で表すことができるなんて驚きです。
ぜひ意味や豆知識も一緒に覚えてみてくださいね。

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6