【尾鰭】読めたらスゴイ!色んな形があるね?!

【尾鰭】読めたらスゴイ!色んな形があるね?!

「尾鰭」って漢字、何と読むかわかりますか?
画数が多い漢字はグッと難易度が上がるので、読めない人は多いのではないでしょうか。
「尾鰭」が読めなかった人はこれから読み方や意味を紹介するので、さっそくチェックしてみてください。

(1)「尾鰭」の読み方

「尾鰭」の読み方は、「おひれ」と「おびれ」の2通りあります。
魚に詳しい人なら、簡単に読めたかもしれませんね。

どちらも読み方として正解ですが、それぞれ意味は異なります。

(2)「尾鰭」の意味

「尾鰭」の読み方「おひれ」「おびれ」の、それぞれの意味は以下の通りです。

「おひれ」
魚の尾とひれ。おびれ。
本体以外につけ加わった余分なもの。

「おびれ」
魚類の体の後端のひれ。(おひれとも)

どちらも魚のひれを指す言葉です。
しかし、「おひれ」と読む場合には、魚のひれ以外の意味を指す場合があるということですね。

(3)「尾鰭を付ける」とは?

「尾鰭」の読み方から、「尾鰭を付ける(おひれをつける)」という言葉を連想した人もいるかもしれません。

「尾鰭を付ける」とは、事実ではない話を誇張を交えて話す様子を意味します。
話に余分なものをつけ足したことを指し、「尾鰭が付いた噂」「嘘に尾鰭が付いてしまった」などというように使われます。

この言葉の場合は、「尾鰭」を「おびれ」と読むのは間違いになるので、注意しましょう。

(4)「尾鰭」の形はさまざま

魚によって尾鰭の形はそれぞれです。

鯉や鮭などは「台形」、アジやニシンなどは「V字型」の尾鰭をしています。
マグロやカツオなど高速で泳ぐ魚類は、三日月形の尾鰭をしています。

スーパーや水族館などで魚を見る機会があれば、尾鰭の形に注目して確かめてみるとおもしろいですよ。


今回の記事で、「尾鰭」の読み方はマスターできましたね。
さらに言い回しやマメ知識もインプット!
魚を見かける機会には、今回の知識を活用してみてくださいね。

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6