【黴菌】コレなんと読む?手洗いうがいをよくしましょう!

【黴菌】コレなんと読む?手洗いうがいをよくしましょう!

「黴菌」という漢字、正しく読むことができますか?
食事の前には手洗いうがいをして「黴菌」を洗い流し、清潔な状態を保つことが大切です!
はたして「黴菌」とは何と読み、どのようなものを意味しているのでしょうか。

(1)「黴菌」の読み方

「黴菌」は「バイキン」と読みます。
きちんと読むことができた方も、意外と多いのではないでしょうか。
病院などでたまに見かけますよね。

でも、書くとなると大変難易度の高い漢字です。
ちなみに黴菌の「黴」は、意外に身近に存在するアレの事なんですよ!

(2)「黴菌」の「黴」ってなに?

では、「黴菌」の「黴」はどのように読むのか分かりますか?

「黴」は音読みでは「バイ」、訓読みでは「カビ」と読みます。
じめじめした湿気の多い場所に繁殖するあのカビのことですね。
特に、梅雨時期に大量発生する悩ましい存在。

実は、「梅雨」は「黴雨」と表記されることもあるほど、梅雨とカビは切っても切れない関係なんですよ。

(3)「黴菌」の語源

「黴」の語源は発酵という意味の「醸す」が転訛したという説が有力ですが、古事記の「葦牙(あしかび)」からきた言葉という説も。
詳しくはまだ解明されていないようです。

ちなみに「菌」の訓読みは「きのこ」。
よって、「菌」という漢字はもともと「キノコ」を意味していました。
時を経るにつれてバクテリアや細菌が次々と発見されたため、微生物全般を示す「菌」があてられたといわれています。

(4)「黴菌」と「雑菌」

「黴菌」とよく似た言葉に「雑菌」がありますよね。
なんとなく黴菌の方が雑菌よりも有害な印象がありますが、実はどちらもほぼ同じ意味で使われます。

黴菌や雑菌は微生物や細菌、ウイルスなど、菌類全般をさす言葉です。
黴菌・雑菌という名前を持つ特定の菌は存在しないということですね。


カタカナやひらがなで表記されることが多い「黴菌」。
読めることプラス、正しく書くことまでできるとかなり格好良いですよ!
ぜひ、この機会に「黴菌」という漢字を覚えてくださいね!

(liBae編集部)
本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
2020年9月28日現在


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6