【蛩】コレなんだ?わかった人は虫博士かも

【蛩】コレなんだ?わかった人は虫博士かも

難読漢字シリーズのお時間です!
今回の漢字は「蛩」。
分かった人は虫博士かもしれませんよ。

(1)「蛩」読み方の正解は?

虫の入った漢字、「蛩」。
いったいどの虫を表しているのでしょうか?
見慣れない漢字なので読めた方はすごい!

読み方の正解は...「こおろぎ」です。
この頃、秋の虫たちの鳴き声が聞こえる季節にもなってきましたね。

(2)「蛩」の使い方

「蛩」は音読みで「キョウ」「グ」と読み、こおろぎを「秋蛩(しゅうきょう)」、こおろぎの鳴き声を「蛩語(きょうご)」「蛩鳴(きょうめい)」ともいいます。

秋の終わり頃にはかなげに鳴くこおろぎについては「寒蛩(かんきょう)」と表現されます。
見慣れない「蛩」という漢字ですがいろんな使い方ができるんですね。

また「こおろぎ」は「蟋蟀」という漢字でも表記されてます。
こちらも「虫」という部首は入っていてもなかなか読むのが難しい漢字ですね。

(3)「蛩」の鳴き声

きれいな音色で鳴く「蛩」ですが、「蛩」も多くの昆虫と同じで鳴き声を出すのはオスだけです。
「蛩」は重なった羽をこすり合わせ震わせることで鳴き声を奏でています。

「蛩」の鳴き声には種類があり、メスへのアプローチだけではありません。

低く弱めの音程でメスに求愛する「誘い鳴き」やよく通る声で自分を主張する「ひとり鳴き」、「キリキリ」音をたてて威嚇する「争い鳴き(おどしなき)」の3種類に分類されます。

ちなみに「蛩」は変温動物なので温度によって鳴く間隔が異なってきます。
気温が高いほど多く鳴き、気温が15度以下になると動きが鈍くなるため鳴く頻度も減ってくるのです。

「蛩」は鳴き声ひとつにいろんな意味がこめられているだけでなく、体感的にも季節も感じられる虫なんですね。


今回はきれいな音色を奏でる秋の虫、「蛩」についてご紹介してきました。
豆知識も一緒にチェックしておくとこれからの季節感も楽しめそうですね。
静かな秋の夜長には「蛩」の声に耳を傾けてはいかがでしょうか。
それではまた次の難読漢字でお会いしましょう!

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6