これ読めたら自慢しちゃえ!【徐に】あなたは読める?!

これ読めたら自慢しちゃえ!【徐に】あなたは読める?!

今回の難読漢字シリーズでご紹介するのは「徐に」です。
「徐に」の読み方をはじめとして、雑学もご紹介しちゃいます。
さっそく、「徐に」の知識をアップデートしていきましょう。

(1)「徐に」の読み方

「徐に」は、「おもむろに」と読みます。
ちなみに「徐」を訓読みすると「ジョ」と読み、こちらの読み方のほうが馴染みがあるという人もいるかもしれませんね。
これを機に、「徐に」という表記があれば「おもむろに」と読むということを、頭にインプットしておいてください。

(2)「徐に」の意味

「徐に」は、「落ち着いて物事を始める様子」という意味を持つ言葉です。
「静かに」「緩やかに」といった意味合いも含まれていて、焦りや急ぎを感じることなく、スローペースで動き出す様子を指します。

(3)「徐に」は使い方に注意が必要

実は、「徐に」を間違って使う人は少なくありません。
「彼は徐に走り出した」「徐に立ち上がると―」というように、「徐に」を「突然」「いきなり」という意味と間違って捉える人もいるようです。

実際、「おもむろに」という読み方を聞いて、「突然」といった意味合いをイメージした人もいるのではないでしょうか。
「徐に」を使う際は間違ったイメージを払拭して、正しい意味を表す使い方をしましょう。

(4)「徐に」の例文

「徐に」の使い方がわかる例文を、以下にまとめてみました。

さっきまで口を閉ざしていた彼が徐に話し始めた。
発車時刻になると、電車は徐に走り出した。
徐に食事をする彼女は、どこか悲しそうである。

上記のように、「徐に」を使うシーンは「落ち着いて物事を始める様子」「緩やかに」という意味を理解していれば自然と見えてきますよ。


「徐に」の読み方から使い方まで、今回の記事でマスターできましたか?
間違って読み方や意味を覚えていた人も、ぜひ本記事をきっかけに知識を塗り替えておいてください。
今後は「徐に」を正しく読んで、使用していきましょう。

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6