【御凸】コレなんだ?正解がわかるとスッキリ!

【御凸】コレなんだ?正解がわかるとスッキリ!

「御凸」という漢字、正しく読むことができますか?
漢字をよ~く見たら閃く、体のあの部分です!
はたして「御凸」とは何と読み、体のどの部分を指すのでしょうか。

(1)「御凸」の読み方

「御凸」は「おでこ」と読みます。
前髪がかかる、顔の一部分ですね。

読んでみると、なるほど!と手を打った方も多いのではないでしょうか。

(2)「額(ひたい)」との違い

御凸と同じ部分を表す言葉に、「額」があります。
額は人間の体の中で、髪の生え際から眉毛までの部分を指します。
ちなみに、動物の額は目の上の部分。

現在では、御凸も額も同じ意味を持つ類義語として使われていますが、もともとは異なる使い方をされていました。

(3)「御凸」のもともとの意味

実は、「御凸」という言葉は、額の一つの特徴を表す俗語として生まれました。
人間の額は丸く弧を描いた形をしているため、このもっとも高くなった部分を「おでこ」といいます。
また、普通以上に高く突き出している額を持っている人のことを指すという使い方も。

御凸は額のくだけた言い回しなうえ、体の特徴を揶揄するという意味合いも含みます。
したがって、目上の人には使わないのが賢明ですね。

(4)「御凸」は人間にしか使われない!?

額は、人にも動物にも使用できる古くから存在する言葉です。
一所懸命に働くことを「額に汗する」といい、とても狭い土地のことを「猫の額」と表現しますよね。

それに対して、御凸は人の額の特徴をピンポイントで指し示す俗語として生まれたため、人間にしか使われません。
また、額にはさまざまな慣用表現があるのに対して、御凸には慣用表現がありません。

御凸という言葉が生まれた経緯をたどってみると、二つの言葉の違いは歴然としていますね。


読み方が分かるとスッキリする「御凸」という漢字。
あまり漢字表記されることはありませんが、読めたらとっても格好いいですよ!
額との意味の違いも含めて、ぜひ覚えておいてくださいね。

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6