【旋毛】コレなんと読む?頭にあるアレのことです!

【旋毛】コレなんと読む?頭にあるアレのことです!

「旋毛」という漢字、正しく読むことができますか?
実は、頭にあるあの部分を表しています。
はたして「旋毛」とは何と読み、頭のどの部分を表しているのでしょうか。

(1)「旋毛」の読み方

「旋毛」は「つむじ」と読みます。
髪の毛の流れにできる、あの渦巻き部分ですね。

「旋」は「グルグル回る」という様子を表す漢字で、「旋回」「旋風」「螺旋(らせん)」などと表記されます。
「グルグル回る毛」と書いて「旋毛」とは、なるほど!

ちなみに、「旋毛」はそのまま「せんもう」と読むこともあります。

(2)「旋毛」を使った慣用句

わざとひねくれたり、意地悪くすることを「旋毛を曲げる」といいます。
また、曲がった性格の人を「旋毛曲り」と表現することも。

「ヘソ曲がり」という言葉は広く知られていますが、「旋毛曲り」も同じ意味を持っています。

(3)「旋毛」の雑学

基本的には1つだけの旋毛ですが、なかには旋毛がない方や2つ以上ある方もいるんですよ!
沖縄では2つ旋毛を持つ人を「ターチマチャー」といい、「わんぱくもの」という意味があるとか。

ちなみに旋毛は、右巻きも左巻きも存在します。
世界的には右巻きの割合の方が多いのですが、日本人の場合右巻きの割合がわずかに多いだけでほぼ半々!
実は、日本人は世界で一番左巻きの旋毛が多いともいわれているんですよ。

ヨーロッパ系は約80%が右巻きといわれているので、左巻きの旋毛がある方はちょっとした自慢になるかも…?

(4)「旋毛」は動物にもある!

実は旋毛は人間だけでなく、動物にも存在するんですよ。
全身を毛で覆われた動物は旋毛の数も多く、存在場所もざまざま。

特に、牛や馬の旋毛は個体鑑別にも用いられ、重要なトレードマークになっています。


漢字の意味を理解すれば、意外と簡単にわかっちゃう「旋毛」。
日本人は左巻きの割合が多いことも、大変興味深いですね!
あまり漢字で表記する機会がない「旋毛」ですが、これを機にぜひ覚えておいてくださいね。

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6