読めたらカッコいい!【確り】なんと読む?

読めたらカッコいい!【確り】なんと読む?

感じにはさまざまな読み方があり、意味を正しく理解していなければ恥をかくことも。
「確り」という言葉を正しく読める人は少ないのではないでしょうか。
そこで、読めたらカッコいい!【確り】という言葉の読み方や意味について詳しく解説していきます。

(1)確りの読み方

確りという漢字は、「しっかり」という読み方です。
確という漢字はよく使われていますが、「しっかり」という読み方を知っている人は少ないのではないでしょうか。
しっかりという言葉はなかなか漢字で表すことがありませんが、正しく読めたらかっこいいので覚えておきましょう。

(2)確りの使い方

感じにはそれぞれに奥深い意味があるので、使い方を間違うと恥をかいてしまうことがあるので注意が必要です。
確りという言葉の正しい使い方は、「確りとした意見の持ち主」など、堅実さを表すときに使われます。
ほかにも、「確りとした足どり」など、健康な体を表す際にも使われます。

そんな確りの意味は、ほかにもさまざまあるようです。

(3)確りの意味

確りという言葉にはさまざまな意味があります。
とくに、頭脳や肉体が健全で機能をよく果たしているさま、 動作、行為を着実、真剣に行うさまなどの意味でよく使われています。
また、固くくっついて離れないようにするさまという意味もあり、「確り結ぶ」などの意味でもよく使われることがあります。

(4)確りの由来

確りの由来は、すべてを兼ね備えていないと出来ない仕事をする際に、「しっかいやさん」という言葉が金沢で使われており、それが「しっかりの語源」と言われています。
それを漢字で書くようになり、「確り」という言葉が生まれたようです。
さまざまな場面で使う言葉なので、由来や意味を知ったうえで正しく使うようにしましょう。


確りという言葉の読み方を初めて知ったという人も多かったのではないでしょうか。
曖昧なまま使うのではなく、意味や由来をきちんと理解するよう心がけましょう。

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6