超難解!【百日紅】なんと読む?とある植物の名前なんです

超難解!【百日紅】なんと読む?とある植物の名前なんです

今回はいつもより超難解!

問題は…夏から秋まで開花するあのピンクの植物【百日紅】!

さて【百日紅】の読み方、あなたはわかりましたか?

(1)【百日紅】の読み方は?

百日紅、ひゃくにちももではありません!

ヒントは、フリルシルエットが可愛いピンクのお花です。

お花好きな人ならなんとなくイメージできましたか?

正解は…「さるすべり」です!

その名の通り、猿が滑ることと関係しています。

そもそも、さるすべり自体をあまり知らない人も多いのではないでしょうか?

さるすべりはとっても素敵な花言葉を持つお花なんです♡

女性にぜひ見てほしい花言葉♪

以下で詳しく見ていきましょう!

(2)生命の強さを感じる【百日紅】の由来

百日紅の由来は、百日紅の樹皮が剥がれやすくツルツルするので木登りが得意な猿でも登れず滑って落ちてしまうからだそう。

幹が太く、強そうな植物ですが意外と脆さも持ち合わせているのですね。

それでも、生き物に成長の邪魔をされないようにまるで自身を守っているかのような性質を持っています。

そんな百日紅には素敵な花言葉があるんです。

それは「愛嬌」。

「能力や地位はなくても、愛嬌があれば自分より強いものを倒すことができる」と、夏目漱石の名言にもあります。

愛嬌があれば、何があっても乗り越えられるという、頼もしい言葉ですよね。

自分の中で何か壁にぶつかったとき、思い出したい花言葉ですね。

(3)【百日紅】を見れる場所

百日紅はなかなか普段歩いていても見ない植物ですよね。

せっかくなら名所で見たい!そんな人にオススメなのが神奈川県にある「平塚花菜ガーデン」。

一面にたくさんの様々な色の百日紅を堪能できますよ。

百日紅は夏の植物なので、今が旬!

圧倒的な美しさに癒されてくださいね。


いかがでしたか?

女子なら知っておきたい、百日紅。

素敵な花言葉を持つ植物なのでぜひ覚えてくださいね♡

(liBae編集部)
本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
2020年8月17日現在


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6