【海鷂魚】コレなんと読む?優雅に泳ぐ大きな魚

【海鷂魚】コレなんと読む?優雅に泳ぐ大きな魚

今回の難読漢字シリーズは、海の生き物の出番です!
まったく予想のつかないこの漢字……どんな海の生き物の漢字表記なんでしょうか?

意外すぎるその答えと、ちょっとした豆知識を見ていきたいと思います!
今回も国語力アップに役立ててくださいね。

(1)正解は「エイ」

「海鷂魚」は、なんと「エイ」と読みます!
海の中を優雅に泳ぐ、めちゃくちゃ大きな魚、あのエイです。

「え?でもエイって2文字だけど……」と疑問に思った人も多いはず。
ですがそれでも無理やり3文字を2文字で読んでしまう、まさに漢字表記の不思議ですね。

エイは2文字ですが、それでも海鷂魚と書くんですね。

(2)エイには他にも漢字表記がある

海鷂魚という漢字表記のエイですが、実はエイの漢字表記はほかにもあるんです。
ほかには鱏、鱝、鰩という漢字があります。

どれもまったくなじみのない漢字で正直全然読めませんよね……。
ちなみにエイを表すときはどの漢字表記を使っても正解のようです。

(3)エイの昔の呼び名

エイは燕の尾のような部分を持つため、実は最初は「燕尾(エンビ、またはエビ)」と言われていたんです。
それが間違われたり変化したりで、いつの間にか「エイ」という名前になったようでした。

今となってはエイになってよかったような気はしますね。
万が一エビのままだったら、エビという魚は現在のエイと海老の2種類いることになってしまいます……。

(4)エイを「海鷂魚」と書く理由

エイを海鷂魚と書く理由や由来には諸説あります。
「海鷂魚」という字の真ん中に使用されている「鷂」はハイタカという猛禽類を表す漢字です。

エイは鳥のように広がって海の中を泳ぎますよね。
その姿が鷂をはじめとした鳥のようだと考えられて、「海鷂魚」と書かれるようになったのかもしれません。


知ってみると面白い、エイの漢字表記「海鷂魚」。
3文字の漢字だからこそ3文字以上の海の生き物を想像してしまった人は多いはずです。

ぜひ海鷂魚の豆知識とともに、漢字の読み方もぜひ覚えてみてくださいね!

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6