これ読める?「鰒」ヒントはあの高級食材

これ読める?「鰒」ヒントはあの高級食材

「鰒」という漢字、正しく読むことができますか?
実は、「鰒」は読み方が2通りあるのですが、共通するヒントはどちらも高級食材であること!
はたして「鰒」とは何と読み、どのような食材なのでしょうか。

(1)「鰒」の読み方

「鰒」は「フグ」と読みます。
フグ刺しやフグ鍋でおなじみの、体をぷくーっと膨らませる美味しくてユニークな魚ですね。
「河豚」の方が一般的には浸透していますが、「鰒」「河豚」以外にもフグを表す漢字は存在します。

実は、「鰒」は「アワビ」とも読みます。
なぜ、「鰒」には2通りの読み方があるのでしょうか。

(2)フグを表す漢字

江戸時代にフグを表す漢字としてよく使われていたのは、「河豚」よりも「鰒」でした。
怒るとお腹を膨らませる魚であるから、「鰒」という漢字が使われていたという説があります。

ほかにも「鯸」「魨」なども、「フグ」と読みます。

(3)「河豚」はもともと中国で生まれた漢字

中国では海よりも川に生息するフグが一般的に親しまれていたため、「河」という漢字が使われました。
また、真ん丸に膨れる姿が豚に似ていること。
さらに、釣り上げた時にブーブーと豚の鳴き声のような音を出すことから、「豚」の字が使われたといわれています。

驚くことに、中国ではフグを表す漢字は200種を超えるそう!

(4)「鰒」の読み方は2通りある

「鰒」という漢字は、「アワビ」とも読むことができます。
「フグ」ではなく「アワビ」と読んだ方も多いはず。
では、なぜアワビを表す漢字が「フグ」と読まれるようになったのでしょうか。

実は、もともとフグは「フク」「フクベ」と呼ばれていました。
現代のように「フグ」と濁って発音されるようになったのは、江戸時代頃からといわれています。
そして「鰒」の音読みは「フク」であることから、「フグ」を表す漢字として使用されるようになりました。

日本ではフグもアワビも海産物なので、一緒の漢字だととてもややこしいですね。

高級食材としてなじみ深い「鰒」。
あまり目にしない漢字ですが、ぜひ覚えておいてくださいね!

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6