なんじゃこりゃ【果物時計草】読めたら天才!南国のフルーツです

なんじゃこりゃ【果物時計草】読めたら天才!南国のフルーツです

今回の漢字は「果物時計草」。
一見すると「なんじゃこりゃ?」と思ってしまう難読漢字です。
読めたら天才!
あなたは読めるでしょうか?

(1)「果物時計草」の読み方は?

「果物時計草」の読み方、ヒントは南国のフルーツです。
「果物」に「時計」、「草」。

使われている漢字自体は難しくありませんが、読むとなると一苦労。
時計のような形で草っぽい果物なんてあったかな...なんて思ってしまいますよね。

「果物時計草」、読み方の正解は...「パッションフルーツ」です!

(2)「果物時計草」の由来

「果物時計草」はトケイソウ科トケイソウ属のフルーツです。
トケイソウは花が時計の針のように見えることがその名に由来しています。

トケイソウを英語に訳すと「passion flower」。
よく「情熱」と勘違いされますが、「passion」の意味は「受難」です。

これは「果物時計草」の花がキリストの十字架に似ていることから呼ばれるようになったそうですよ。

(3)そのまま読んでも間違いじゃない?

難読漢字の「果物時計草」ですが、和名は「くだものとけいそう」。
つまりそのまま読んでも間違いではないんです。
でも意味がわからないと結局なんのフルーツなのか結局わかりませんね。

(4)「果物時計草」の食べ方

最後に「果物時計草」の食べ方をみていきましょう。
「果物時計草」はヘタを切ったらスプーンですくって食べられます。

「果物時計草」にぎっしりつまった種も全部食べられるんですよ。
種には少し酸味があるので苦手な方は果実だけ食べるのがおすすめです。


今回は難読漢字「果物時計草」をご紹介してきました。
「果物時計草」はいまが旬のフルーツ。
読み方もおさえて食べると南国のトロピカルな味わいがいっそう感じられるかも?しれません!
意外と難しいフルーツの漢字、他の難読漢字にもぜひチャレンジしてみてくださいね。

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6