泣きたい…【日常の絶望あるある】しばらく引きずるわ…

泣きたい…【日常の絶望あるある】しばらく引きずるわ…

思わず「嘘でしょ!?」と声をあげて絶望したくなること、日常の中にはちょくちょくありますよね。
些細なことでも積み重なれば、落ち込んだりストレスが爆発したりする原因になるもの。
そこで今回は、しばらく引きずること必至な「日常の絶望あるある」をご紹介していきたいと思います。

(1)棚の角で足の小指を……!

これは意外とよくあるケースですよね。
ふと気を抜いて歩いていた瞬間に……「イタッ!!」となるアレです。
脚の小指をぶつけるのって意外と痛いんですよね。

「なんでこんな思いしなきゃいけないの?」としばらく痛みとイライラと引きずることも多いもの。
ちなみに場合によっては、ただ小指をぶつけただけなのに骨折することもあるようなので気をつけてくださいね……。

(2)仕事後楽しみにしていたお弁当が売り切れ

これもなんだかんだショックな日常の絶望あるあるですよね。
「は~疲れた~!せっかくだから大好きな唐揚げ弁当買ってこ~!」なんて思っていたのも束の間。
いざコンビニやお弁当屋さんに行ったみたら、目当てのお弁当は完売。

せっかく身を粉にして働いてきたのに、ご褒美にも裏切られるなんて……。
ちょこちょこあることとはいえ、悲しいですよね。

(3)この前買った服がセール価格で売られていた

これも仕方のないことの一つですが、急いで買った服が後になって割引で売られていたら、ちょっとショックですよね。
「真っ先に買ったのにこんな損をするなんて!」と悲しくなる人は多いのではないでしょうか?

しかも自分が気に入って買った服です。
なんだか売れ残りのセール品として並んでいるなんて悲しいですよね?
まるで自分のファッションセンスを否定されているような……そんなネガティブ思考になることもあるかもしれません。


日常の絶望あるある、わかるわかる!と思うものはありましたか?
普段から日常的に起こることとはいえ、そんな場面に遭遇したらしばらく引きずってしまう勢いです。
そんなつらい絶望を味わったあとは、趣味や好きな食べ物などでストレスを癒していきたいところですね。

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6