わかりますわ!【一人暮らしの夏あるある】共感の連続!?

わかりますわ!【一人暮らしの夏あるある】共感の連続!?

一人暮らしをすると、思っても見なかったことが普通になることがあります。
しかし、そんなことでも同じ一人暮らしの人に話すと、共感してもらえる場合が多いものです。
今回は、一人暮らしのあるあるの中でも、夏にありがちなネタをご紹介します。

(1)冷房をつけるのを我慢しがち

一人暮らしだと、冷房をつけるのをついつい我慢しがちになります。
冷房代は、1年を通して見ると上位に食い込む高さですよね。

一人だと「暑い!」といって勝手につける人もいないので、付けるかどうかは自分次第。
しかし、光熱費のことを思うと、冷房をつけるのにためらわれる人は少なくありません。

(2)食材がすぐに腐る

夏場は食材の腐敗が進みやすく、すぐに腐るケースは少なくありません。
食材だけでなく、作った料理にしても同じこと。
「まだまだいける」と思っていても、気づいたときにはしなびていたり、異臭がしたり…というシチュエーションに、覚えがある一人暮らしの人は多いはずです。

(3)お風呂にお湯を溜めない

夏は、何もしなくても汗をかくことも多いですよね。
家族がいたらお風呂にお湯を溜めてさっぱりするところですが、一人暮らしはシャワーで済ませる人が多いようです。

お湯を溜めたらバスタブを洗う手間と時間がかかります。
そんな面倒を回避するために、いくら汗をかいてもお風呂にお湯を溜めない人は、少なくないでしょう。

(4)ホラー番組を見て眠れない

夏の定番といえばホラー番組!
怖がりのくせに興味本位で見てしまい、夜眠れなくなる…なんてパターンも、一人暮らしあるあるです。

視聴中はなんてことなかったとしても、怖さは終わってからじわじわやってきます。
些細な物音が気になったり、びくびくしたりして、眠気が一向に襲ってこなくなるのも、側に人がいない一人暮らしならではのエピソードではないでしょうか。


一人暮らし歴が長いと、良いことも驚くことも起こりますよね。
1人が辛くなったら、一人暮らしネタを共感できるもの同士、盛り上がってみてはいかがでしょう。
気の置けない仲間とのランチや飲み会などにぜひ、今回ご紹介したネタも使ってみてください。

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6