意味がわかるとスッキリ【挿頭す】なんと読む?ちょっぴり難しい漢字

意味がわかるとスッキリ【挿頭す】なんと読む?ちょっぴり難しい漢字

「挿頭す」という漢字、正しく読むことができますか?
よく行う動作と同じ読み方なのですが、表している行為はまったく異なります。
はたして「挿頭す」とは何と読み、どのような行為を表しているのでしょうか?

「挿頭す」の読み方

「挿頭す」は「かざす」と読みます。
漢字から「頭に何かを挿している動作を表しているのかな?」と、ピンときた方も多いのではないでしょうか。

では、「挿頭す」という漢字は一体どのような行為を表しているのでしょうか。

「挿頭す」の意味

「挿頭す」という漢字は、「草木の花や枝葉、造花などを髪や冠にさす」という行為を表します。
または「物の上に飾り付ける」という行為を表すことも。

「頭に何かする動作」はまさに「挿頭す」を表現しているので、ここまでたどり着いた方はとても冴えています!

「髪挿す」の音変化

「挿頭す」は「髪挿す(かみさす)」が音変化したものといわれています。
「挿す」という漢字は、「髪にかんざしを挿す」といったように、頭にのせる物や髪に何かを挿しこんで飾る行為を表します。

髪飾りの一つに「簪(かんざし)」がありますよね。
あてられた漢字はそれぞれ異なりますが、「髪挿す」「挿頭す」「かんざし(簪)」とどれも同じ意味を成していることに気が付きます。

一般的に使われる「かざす」とは異なる

「ICカードをかざす」「額に手をかざす」といったように、一般的に使われる「かざす」を漢字では「翳す」と表記します。

「翳す」は「手に持って掲げる」「物の上へ手などを覆うように差し出す」「手や物をさしかけて光を遮る」という動作を表します。

それに対して「挿頭す」は「頭にのせる物や髪を飾る」という行為を表しているので、読み方は同じでも漢字に込められた意味はまったく異なるということが分かりますね。


「挿頭す」という漢字、正しく読むことができましたか?
同じ「かざす」でも、「挿頭す」と「翳す」はまったく別の行為を表しています。
ぜひ覚えておいてくださいね!

(liBae編集部)