今日は少し遠くまで♪【お散歩あるある】

今日は少し遠くまで♪【お散歩あるある】

外出自粛で、運動不足。
それを解消するために散歩を習慣にし始めた方も多いのではないでしょうか。

ストレス発散にもなりますし、良いですよね♪
そこで今回は、お散歩あるあるをご紹介します。

(1)開拓しようとして迷子

引っ越してきたものの、駅との往復ばかりで実はあまり知らない場所が多い街。
そのため、散歩では「さまざまな道を通って、開拓しよう!」という気持ちがわきやすいもの。

しかし、サクサク進んでいったは良いものの、いつの間にか迷子になることも。
ストレス発散の散歩のつもりが、なぜか「え、どうしよう?」という動揺で脳内が埋め尽くされることに。

看板が多い都市部であればまだ良いですが、夕方以降の農村部となると結構ホラーです!

(2)ジュース飲んでプラマイゼロ

ダイエットも兼ねて始めた散歩。
30分ほど歩いたところで、喉が乾き始め自販機でジュースを購入。

ウォーキング30分の消費カロリーは100kcalほど。
そのため、500mlのジュースを飲んでしまえば、一気にパーになってしまうことも。

最悪の場合、ウォーキングを始めたのにも関わらず太ったという事態に?!
運動中のドリンクは、水やお茶が良いかもしれませんね。

(3)スポーツウェアに憧れる

部屋着にしていたTシャツやジャージで出かけた散歩。
しかし目につくのは、きらびやかなスポーツウェアで颯爽と走るランナーたち。

となると、「私もあぁやって運動したい!」とお思いになる方も多いのだとか。
現在は無印良品やユニクロでもスポーツウェアが販売中。

リーズナブルにおしゃれなものが手に入るのでおすすめです。
ウェアが気に入れば、散歩もより楽しくなるはず。

ぜひチェックしてみてください。

(4)往復の距離を計算し忘れ

散歩は、行って終わりではありません。
帰宅する必要があります。

勢いで90分ほど散策したとしたら、帰ってくるのにも90分必要。
ペース配分をしていないと、行き着いた先で疲れて、帰りはバス、なんとことも。

散歩を習慣にし始めた頃は、「20分歩いたら引き返す」、「往復で30分以内に」など、時間設定してから出かけた方が良いかもしれませんね。


今回は、お散歩あるあるをご紹介しました!

運動不足とストレス解消におすすめのタダで始められる趣味・散歩。
この機会にぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6