【僅か】読めそうで読めないッ…!正解はなん〜だ?

【僅か】読めそうで読めないッ…!正解はなん〜だ?

難読シリーズ!
今回の単語は「僅か」です。

ひらがなだと意外と使う機会の多い言葉。
正解はなんなのでしょうか?

みていきましょう!

(1)僅かの読み方は「わずか」

にわか?
おごそか?

との予想があるかもしれませんが、正解は「わずか」。
ひらがなだと使う機会が多いと感じる方も多いのではないでしょうか。

(2)僅かの意味は?

僅かは、極めて少ないことを指します。
「希望は僅かしか残っていなかった」、「僅かな食料」といった使い方です。

(3)対義語の「数多」

僅かの対義語として挙げられる「数多」。
こちらの読み方は「あまた」。

「すうた」と読まないように注意です!

(4)類義語の「僅少」

僅かの類義語「僅少」。
あまり見かけない漢字なので、読めたらすごい!

「きんしょう」と読みます。


今回は「僅か」の読み方をご紹介しました!

漢字でさらっと書けたらかっこいい!
この機会にぜひチェックしてみてください♪

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6