懐かしいわぁ〜【こども時代あるある】みんなの幼き日はどうだった?

懐かしいわぁ〜【こども時代あるある】みんなの幼き日はどうだった?

たまには昔を思い出して、懐かしい気持ちに浸ってみてはいかがでしょうか。
そこで今回は、子ども時代あるあるを4つご紹介します。

「そういう子いたなー」、「それしてた!」など、当時を思い出してみてください♪

(1)落書きだらけの歴史の教科書

聖徳太子やフランシスコ・ザビエルはかっこうのえさ。
落書きされまくる歴史上の人物たち。

よくあるのがヒゲ!
そして目潰し!

どうも聞くだけになりがちな歴史の授業。
その時の暇を埋めるためにも、落書きにはしってしまいがちです。

歴史上の偉人も、小学生にかかれば、派手なギャグキャラに。

(2)「みんな持ってるよ」

子ども時代の世界は狭いもの。
あの子が持っているものは私も欲しい!

そう感じていた方も多いかもしれません。
おねだりするときのフレーズは、「クラスのみんな持ってるよ」。

同調圧力を感じさせ、親に買ってもらうパターンです。
ですが、「みんなってだれ?」と尋ねられたら一巻の終わり。

関連して、「今度のテストで○○点取るから買って」という子もいましたね〜。

(3)全員サービスという名の通販

りぼんやなかよし、コロコロ、小学○年生。
毎月買うのを楽しみにしていたという方も多いはず。

そんな雑誌に時々登場するのが「全員サービス」。
「○○○円分の切手を同封」など、読者が額を負担することで全員に商品が送られる仕組み。

「サービス」とついていますが、実際は通信販売では?と、今なら思える淡い思い出です。

(4)授業中にトイレに行くには十分な勇気が必要

トイレに行くだけで、なぜかからかわれる子ども時代。
特に男子ではありがちだったかもしれませんね。

トイレに行きたくなったのが授業中であれば、さらなる勇気を必要とされます!
今思えば、なぜあんなことでからかわれていたのか、と感じられますが、当時はなかなか気づけないもの。

健康のためにも、行きたくなったらトイレに行ける環境が好ましいですね。


今回は、子ども時代あるあるを4つご紹介しました!

当時の謎な慣習ややりとり。
思い出して懐かしい気持ちになってみませんか?

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6