ついフラっと立ち寄っちゃう【本屋さんあるある】

ついフラっと立ち寄っちゃう【本屋さんあるある】

用もないのに、ついフラッと立ち寄っちゃうのが本屋さん。

今回は誰もが1度、本屋さんで経験したことのあるあるあるをご紹介!

へぇ〜な雑学や、役立つ情報も♪

(1)付録で雑誌選びがち

最近は、付録メインの雑誌が増えてきましたよね。

付録が豪華だと、内容に興味がなくてもつい買ってしまった!なんてことはないでしょうか。

付録効果で、読みたかった雑誌が売り切れだった…なんてことも。

買ってみたらイマイチだった付録は、オークションやフリマアプリに出品すると意外とお金になりますよ!

(2)トイレに行くたくなる

本屋さんで立ち読みしていると、なぜかトイレに行きたくなったことありませんか?

それは、本を読むことはリラックス作用があるから!

脳内にリラックス作用のあるホルモンが分泌されると、生理現象が起きやすくなりトイレに行きたくなるみたいです。

疲れたらストレス解消にアウトドアやマッサージなどで発散するよりも、本を読んでみてはいかがでしょうか♪

(3)自己啓発本を読みたくなる

自分に自信がなくなったり、仕事に行き詰まっていると読みたくなるのが自己啓発本。

自己啓発本を探すなら、スポーツ雑誌コーナーに行ってみるのがオススメ!

スポーツはメンタルコントロールが重要なので、アスリートの屈強なメンタルがどう作られるのか学んでみるのも良い経験です。

また、趣味でスポーツが好きな人は多いので異性との出会いの場で会話の糸口を見つけることもできますよ◎

(4)購入した本のタイトルを店員さんに見られるのが恥ずかしい

自分が購入した本をレジで店員さんに見られるのが恥ずかしい…!という人はかなり多いようです。

店員さん目線だと、次から次へとお客さんが来るため、その人がどんな本を買ったかどうかはすぐに忘れるそう。

意外と見られていないので、購入したい本があれば気軽にレジに持っていきましょう♪

その方が売上になって店員さんも嬉しいはず!


いかがでしたか?
本屋さんは新しい出会いがたくさん!
ぜひ充実した時間を過ごしてくださいね。

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6