【相殺】ソウサツ?いいえ。実は正しく読めてない人多いかも…

【相殺】ソウサツ?いいえ。実は正しく読めてない人多いかも…

相殺という漢字を正しく読むことができますか?実は、ソウサツと読んでしまう人も多くいます。

ビジネス用語としても使われる相殺を正しく読めないと恥ずかしい思いをするかもしれません。今のうちに勉強しておきましょう。

相殺の読み方

ソウサツと読みがちな「相殺」ですが、実はソウサイと読むのが正しい読み方です。一般的に「殺」という漢字をサツと読むことが多いので間違いやすいですよね。

「殺」という漢字には殺すという意味とは別に、「そぐ・へらす」などの意味があります。そのような意味がある場合は、サイと読むのが正しい読み方です。

語源は漢字をみていただくと、なんとなく分かると思いますがお互いを殺しあう中国語が語源になったようです。

相殺の意味

日本での相殺の意味は互いをそぐと言う、帳消しにすることや利点や長所などが差し引かれてなくなってしまうことです。今の言葉で言うと、プラマイ0のような意味合いになります。

相殺の対義語・類義語

相殺の対義語は、相乗や掛け合わせるという言葉です。相殺は簡単にいうと「なくす」という意味なので、効果や力などを生み出すという意味が反対の言葉になります。

相殺の類義語としては、差し引きや帳消しなどが当てはまります。

ビジネス用語としても使われる

実は、ビジネス用語としても使われている相殺。債権などで帳消しにするという意味でよく使われているようです。

これから会社を立ち上げたり独立したいと思っている人は、読めないと恥ずかしい思いをすることもあるかもしれません。今のうちに読めるようにしておきましょう。


いかがでしたでしょうか?

殺という漢字を「サツ」と読むか「サイ」と読むかは意味合いによって変わってくるので正しい意味を理解していれば、今後間違えずに読めるのではないでしょうか。

綺麗な日本語を使って、インテリ系の美しい女性になってみませんか?

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6