こんな人いるいる【満員電車あるある】イラっとしちゃう事あるよね?

こんな人いるいる【満員電車あるある】イラっとしちゃう事あるよね?

毎日の通勤で、満員電車にお疲れの方は底知れず。
満員電車で感じるストレスは、戦場と同じくらいとも言われているのでびっくりですよね。

そんなストレスフルな電車内、イライラをさらに加速させてくる人もいます。
「こんな人いるいる!」と思わず叫びたくなっちゃうような例えを、ご紹介いたします。

(1)扉の前から絶対に退かない人がいる

ドアの前や脇から頑なに退かない人、いますよね。
次の駅で降りるのか、ぎゅうぎゅうに混雑している電車の中ほどが嫌なのか…。
ですが、降りる人にとっても乗る人にとっても、邪魔であることは変わりません。

退かないくせに思わずぶつかってしまったら舌打ちをしてくるタイプも多いので、さらに苛立ちが募ることでしょう。

(2)大きなカバンやリュックを抱えない人がいる

すいている時間帯なら問題ないカバンやリュックも、満員電車では迷惑の元。

背負ったままだとスペースを取ってしまい、その分他の人を押し込めてしまいます。
周囲の人にもぶつかってしまいがちなので、痛い思いをした人も多いのではないでしょうか?

満員電車に乗る際、大きなカバンやリュックは胸の前で抱えてもらうのがベストですね。

(3)体臭がきつい人がいる

満員電車では密着する分、他人の体臭が強く感じられます。
二日酔いで酒臭い人、口臭がきつい人、香水が強すぎる人など、さまざまな人の匂いが混じり合ってなんとも言えない気持ち悪い匂いになることも…。

これからの季節は、ムワッとした汗の臭いもこもりがち。
電車内は十分な換気がない密集スペースなので、悲惨な臭気にゲンナリしてしまいます。

(4)無理に乗車しようとする人がいる

朝や帰りのラッシュ時間、電車に乗り遅れまいと無理な乗車をする人も多く見られます。
駆け込み乗車をしたり、満員なのに体を押し付けて乗ってきたりと、非常識な乗車をする人が多く目を疑いますよね。

そういった無理な乗車が原因で、電車が遅延することも。
電車を逃したくない気持ちは分かりますが、他人の迷惑を考えられない態度にイライラしてしまいます。


思わず「いるいる!」と言いたくなってしまう、イラッとする人たち。
常識が感じられない振る舞いにヤキモキしますが、そんな人たちに焦点を当てすぎると、朝から嫌な気分になってしまいます。

電車内ではイヤホンで好きな曲を聴く、アロマの香りがするマスクを付ける、目を閉じるなど対策を練って臨むと、イライラを少しは緩和できるかもしれませんね。

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6