運転手はわかる!?【ドライブあるある】4選

運転手はわかる!?【ドライブあるある】4選

免許を持っている人にしかわからない、ドライブあるあるとは!?

ドライブ中に落ち込んだり、ちょっと嬉しい気分になったり、車は私たちの生活の中で感情を揺さぶります。

ここではドライブ中の経験、みんなで共感してみませんか?

(1)トイレ行きたいときに限ってコンビニがない

トイレ休憩したいときに限ってコンビニがない!ってときありませんか?

急にお腹の調子が悪くなったときなんかは大パニック!

コンビニは見つけたけど、反対車線にしかなかったり、焦って通り過ぎてしまうなんてことも。

お茶は利尿作用があるので、ドライブ中はミネラルウォーターにするなど工夫が必要かもしれませんね。

(2)カーブを曲がるときに体も曲がる
これは免許取りたての初心者さんあるある。

特にスピードが出ているときは、カーブを曲がるときに体も一緒に曲がってしまいます。

マリオカートなどのゲームをやっているときにも体も一緒に傾く人、結構いますよね!

ハンドルを切るときに力んでいるとなりやすい現象なので、少しリラックスしてみると良いですよ。

(3)止まりたいときに限って信号が連続で青

地図を見たり、忘れ物や確認事をしたいときに限って赤信号になってくれないのもあるあるですよね!

青信号が連続で続くときって、ラッキーなはずなのに逆に運が良すぎて不安になることも。

時間がなくて余裕がないときに限って、赤信号が続く悲劇も何度か経験している人も多いと思います。

たとえ青信号の連続でも、油断せずに安全運転を心がけましょう◎

(4)前の車のマークによっては緊張感が増す

前の車が、 毒マーク・若葉マーク ・枯葉マーク
だといつもより身構えてしまいませんか?

特に毒マークなんて、衝突したらどうなることか!

いつもより車間距離を保って運転している人は多いのではないでしょうか。

あまり車間距離を取りすぎると、逆に危険なので注意しましょう!


いかがでしたか?

クスッとなるあるあるもあり、ドライブあるあるは失敗や、悪いことばかりではありません。

これからのカーライフも、あるあるを楽しんで余裕のある安全運転を心がけましょう!

(liBae編集部)
本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
2020年7月10日現在


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6