もちろん読めるよね?!間違えたら恥ずかしい【拙い】の読み方って?

もちろん読めるよね?!間違えたら恥ずかしい【拙い】の読み方って?

「拙い」という漢字は、日常の中で見かけることは少ないかもしれません。
そのため、読める人と読めない人と大きく分かれるかと思われます。
読めない人は、これから「拙い」の読み方や意味を紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

(1)「拙い」の読み方

「拙い」は、「つたない」と読みます。
「まずい」とも読めますが、一般的には「つたない」と読む場合に使われることが多いです。

(2)「拙い」の意味

ここでは、一般的に多く使われる「つたない」と読む場合の意味を紹介します。
「つたない」とは、以下のような意味です。

物事が巧みでないこと。技術がへたなこと。
不運なこと。
劣っている様。

(3)「拙い」の使い方

「拙い」は、「拙い文章」「拙い演技」というように、未熟な物事を指す場合に使います。

また、ビジネスシーンでも使われることが多いです。
「拙いですが、お力になれるよう全力を尽くします」というように使えば、謙遜する気持ちを相手に伝えられますよ。


「拙い」は、読むことが困難な漢字ではありません。
社会人なら読めるようにしておくのがベターです。
読めなかった人は、この記事をきっかけに「拙い」をしっかり覚えておきましょう。

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6