そのメイクどうした…?男性が「それないわ~」と思うメイクとは?

そのメイクどうした…?男性が「それないわ~」と思うメイクとは?

大人女子にとっても重要なメイク、けっこう男性も見ているんですよね。
今回は男性が「それないわ~」と思うメイクを大解剖。
男ウケしないメイクの特徴4選をチェックしていきましょう!

アイシャドウを紫や青にする

男性が「ないわ~」と萎えるメイク、ひとつめは奇抜なアイシャドウ。
トータルバランスで見たおしゃれとしては有効でも男性からはただの厚化粧にしかみえないもの。

「痛い人」に見えてしまう感も否めません。
紫や青などの原色は避けてヌーディーカラーで仕上げたほうがよさそうです。

浮いているファンデーション

男性でも違和感を覚えるのは厚塗りした浮いているファンデーション。
化粧の濃さや老け見えも際立ち、近づくと授業参観のような匂いもしたら間違いなく「おばさん認定」されてしまいます。

ナチュラルメイクが主流の昨今、ベースメイクはもちろん普段のケアから肌を気にかけて。
塗り重ねるのではなく薄付きのパウダーで透明感ある素肌を演出しましょう。

詐欺まがいの二重や涙袋

女子なら誰しもが憧れるぱっちり二重やふっくらしたカワイイ涙袋。
使えるアイメイクアイテムも巷に溢れていますが詐欺まがいのアイメイクは男性でも気づきます。

さりげないアイラインにとどめて素顔感を出さないと「すっぴんブス」疑惑もかけられてしまうかも。
女性ウケはよくても男性目線ではアウトな場合も多いので気をつけたいところです。

強調しすぎのリップ

女性らしさが主張できるリップも協調のしすぎには注意が必要です。
鮮やかすぎる赤は口元を強調しすぎて顔の印象もちぐはぐに。

ツヤ感を狙ったグロスやティントもテカりすぎて油っぽくて清潔感のないイメージで見られてしまうなんてことも。

なじみのよいテクスチャーのアイテムをサラッとつけてさりげなくアピールするくらいがちょうどいいようですよ。


男性が意外と見ている女性のメイク。
男ウケやおしゃれも意識しつつバランスのよいメイクを心がけましょう。

(liBae編集部)