【蕃茄】難易度高め!みんながよく知ってるあの赤い野菜です!

【蕃茄】難易度高め!みんながよく知ってるあの赤い野菜です!

「蕃茄」という漢字、なんと読むのかわかりますか?
ヒントは家庭でもお馴染みのあの赤い野菜!
はたして「蕃茄」とは何と読み、どんな野菜なのでしょうか?

(1)「蕃茄」の読み方

「蕃茄」は「トマト」と読みます。
夏野菜として食卓でもお馴染みの野菜ですね!

(2)なんでこの漢字が使われるの?

「蕃茄」はトマトの中国語表記です。
「蕃」は外国という意味を表し、「茄」は野菜の茄子を表します。

トマトはナス科の野菜なので、「外国から来た茄子」ということですね!

(3)トマトを表す漢字は他にもあります

トマトは「蕃茄」のほかに、「唐柿」「小金瓜」「赤茄子」「珊瑚樹茄子」とも表記されます。
よくよく漢字を見てみると、なるほど納得の当て字ではないでしょうか。

(4)「トマト」は世界共通じゃない!?

トマトは英語でも「tomato」と呼ばれるので、世界共通の単語だと思われがち。

でも実は、トマトにはたくさんの呼び名があるんですよ。
イタリアでは「ポモドーロ(黄金のりんご)」、フランスでは「ポム・ダムール(愛のりんご)」、イギリスでは「ラブ・アップル(愛のりんご)」と呼ばれています。

ヨーロッパ圏でりんごを示す単語が使われるのは、値打の高い果実や果物のことを「りんご」と呼ぶ習慣があったからだそう。
当時のヨーロッパではトマトは珍しいもので、高級品だったことがうかがえます。


トマトにも漢字表記があったなんて、驚いた方も多いのではないでしょうか。
ぜひ、話のネタに色々な方に試してみてくださいね!

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6