どうしても片付けられない泣【汚部屋あるある】だってめんどくさいんだもん〜

どうしても片付けられない泣【汚部屋あるある】だってめんどくさいんだもん〜

あなたのお部屋、ちゃんと整っていますか?
「汚部屋」なんて言われたことはありませんか?
今回は、ドキッとした方は要注意の汚部屋あるあるをご紹介します。

すぐその辺に置いて無くす

適当な場所にすぐ物を置いて放置することが、汚部屋を招く第一歩になります。

片付けることなくその辺に物を置き続ければ、机や椅子はもはや物置と化し、床にも物が散乱し、どこに何があるのかを把握しきれません。
「物はあるのに見つからない」という状況に陥っているので、同じものを無くしては買い…を繰り返します。

探し物をしている時間も、同じものを購入するお金ももったいないですよ!
それぞれの物に定位置を決めて、使ったら戻すを徹底しましょう。

すぐ便利グッズに頼る

汚部屋の住人は、収納家具やお掃除ロボットなどの便利グッズに目がありません。
でも、便利グッズを使いこなすには物を分別したり、床に物を置かないよう気を付けたりという、最低限のルールが必要です。

便利グッズに解決策をゆだねているようでは、一生汚部屋から抜け出せません。
使い道やライフスタイルに適しているかをよく検討したうえで、便利グッズを購入しましょう。

ゴミ袋がいっぱいになってから捨てる

汚部屋の住人は、定期的に回収があるゴミですらその都度捨てようとしません。
ゴミ袋の中身がいっぱいにならないと捨てないという謎ルールを設け、ゴミが異臭を放ったり虫が湧いたりすることも…。

ゴミの回収は、どんな地域でも必ず定期的にめぐってきます。
たとえ有料のゴミ袋でも「まだ袋に余裕があるから」とケチったりせず、その都度捨てましょう。

必要以上の物で溢れている

汚部屋になる最大の原因は、必要以上に溜め込まれた物の多さです。
まったく着ていない洋服や読まない本を山積みにしていたり、使用期限が過ぎた化粧品をいつまでもストックしていませんか?

汚部屋から脱却する第一歩は、とにかく不要な物を処分すること!

絶対に必要なものは、意外と限られています。
いらないものを手放せば、部屋も心もスッキリしますよ。


汚部屋あるある、いかがでしたか。
少しずつでいいので不要な物を手放して、決まった日にゴミ捨てを行えば、部屋がスッキリしていきます。
部屋が整えば心も整うので、ストレス解消にも効果的ですよ!

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6