それじゃ超おブス!【NGブスメイク】今すぐやめて〜!

それじゃ超おブス!【NGブスメイク】今すぐやめて〜!

顔立ちをひきたてるメイク。
でもやり方によっては、元の顔よりもマイナスになることも。
そこで今回は、ブスになるNGメイクを4つご紹介します。

(1)ブレブレのアイライン

線がガタガタだったり、左右で形が違ったり。
そうしたブレブレのアイラインはかえって垢抜けない印象になってしまいます。

また、ヨレていると疲れた顔に見えてしまうことも。
しっかりと線をひくには、ヒジを片方の腕で固定したり、机の上に置いたりして安定させてからがおすすめです。

慣れない場合は、リキッドよりもペンシルの方が描きやすいのでトライしてみてください!

(2)ひじきのようなまつげ

マスカラを重ね塗りしすぎて、ひじきのように太く、まばらな印象のまつげ。
「メイク頑張っている感」が出過ぎてしまい、あまり好印象ではありません。

近年はナチュラルさがトレンドとなっていることもあり、マスカラもロングタイプでサッと塗るくらいがおすすめ。
ダマになる場合は、眉毛用のコームでとかすと細いセパレートまつげに仕上がります。

(3)濃すぎるチーク

10代なら「可愛い」、「おしゃれ」で通っていた濃いめチークも、アラサーからは薄付けがおすすめ。
特に職場では、あえて付けないのも手段の一つ。

なぜなら幼い印象になってしまうからです。
できるだけTPOに合わせたメイクの方が好印象を得るのにも効果的!

(4)塗りすぎファンデーション

先ほども書いた通り、近年のトレンドはナチュラルメイク。
そのため、厚塗りのファンデはケバいと思われることも。

シミやそばかすをカバーしすぎず、ナチュラルに見せるのがポイントです。
また、厚塗りすると首と顔の肌の色が違いすぎて浮いてしまうことも。

メイク時は、そうした境界を意識しながら塗るのがおすすめです。


今回は、ブスになるNGメイクを4つご紹介しました。
すぐに直せるものばかりなので、参考にしたい箇所はぜひ明日から試してみるのも良いかもしれませんね!

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6