めっちゃわかる(笑)【洋画あるある】こんなシーンあるよね〜

めっちゃわかる(笑)【洋画あるある】こんなシーンあるよね〜

あるよね~、あるある。
今回は洋画版です!
恋愛でもホラーでもアクションでも、「ありがちだよねー」というシーンを4つご紹介します!

(1)危険なシーンで絶対一人は話聞かない仲間がいる

生きるか死ぬかの瀬戸際。
なのになぜか話を聞かない人がいる!

これも洋画あるあるの一つ。
そしてそういう人物が窮地に陥るのもあるある。

「近づくな!」と主人公がアドバイスしても、なぜか近づいてしまうその一人。
おちゃらけキャラに起こりがちなシチュエーションです。

(2)おしゃれすぎてわからないセリフ

日本のドラマよりも、遠回しなセリフが多い印象の洋画。
「え?それ結局イエス?ノー?」のような応え方をする人物もしばしばです。

現地のエンタメや文化からの引用も多いため、字幕では理解しにくいことも。
日本だとキザに聞こえるセリフも、洋画だとサマになる不思議!

(3)日本人は真面目かせっかち

洋画では、日本や日本人はデフォルメで表現されがち。
着物に浴衣、メガネに七三分け、とテンプレートのような日本人が登場します!

性格は真面目だったり、せっかちだったり。
いじられることも多々。

(4)スクールカーストが怖い!

セレブの子どもや、チアリーダー、アメフト部はその学校で天下を取るような存在。
一方で、オタク気質な生徒は彼らにパシられるシチュエーションが多い!

ゴシップガールやヴェロニカマーズなど、学校が出てくる海外ドラマではよくこうした光景が見られます。
「こんな高校生、日本にいる?!」というほど派手なパリピ生活にもぜひ注目を!


今回は洋画のあるあるを4つご紹介しました。
文化の違いや独特の台詞回しを楽しめるのも洋画の良いところ。
ぜひチェックしてみてください。

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6