【水黽】これなんだ?ヒントは水の上をスーイスイ♪

【水黽】これなんだ?ヒントは水の上をスーイスイ♪

水の上を沈まずに動いている不思議な虫。
漢字で書くと「水黽」ですが、ご存知でしたか?
今回は「水黽」についてくわしく説明していきますね。

(1)「水黽」ってなんて読む?

水上をスイスイ動く虫…というとアレしかないですよね。
そうです、「水黽」という漢字は「アメンボ」と読みます!

これはフリガナがないと、なかなか読めない漢字ですね。

(2)川や水たまりでよく見るアレ

アメンボと言えば、水の上を歩く不思議な生物。
誰もが一度は見たことがあるでしょう。

でも意外とアメンボについてくわしく知りませんよね?

(3)水黽の生態

アメンボは特殊な足が6本あるカメムシ科の昆虫。
足の先には細かい毛がたくさん生えていて、油が染み出ています。

油が水をはじく力で水の上を移動しているんです。

(4)水黽の語源・由来

飴のような甘い匂いがすることから「飴棒(アメンボ)」と名前がつきました。
「水馬」や「飴坊」と書く場合もあります。

雨の後の水たまりで見かけることもあるので「雨ん坊」を語源とする説もあります。


アメンボには色々な漢字があることが分かりましたね。
川や水たまりでアメンボを見かけた時には、由来や語源も思い出してください!

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6