余計老けて見える…アラサー&アラフォーがやっちゃダメ【NGメイク】

余計老けて見える…アラサー&アラフォーがやっちゃダメ【NGメイク】

アラサー・アラフォーになってくるとメイクにも変化が必要。
20代の頃と同じままだと、どうしても違和感が出てしまうのです。
おばさんに見えてしまうNGメイクについてお話しします!

(1)アイラインで目を囲む

10年以上前に流行したガッツリ囲み目アイライン。
今やそのメイク術は古臭すぎて誰もやっていません!
ハリのなくなった目元をアイラインで囲むと余計に不自然に。

目が小さく見えてしまうので逆効果なんですよね。
アイラインはまつ毛の隙間を埋める程度で十分。
目尻はまつ毛の終わりから、スッと細めに伸ばしましょう。

(2)アイシャドウが濃すぎる

ぼんやりした顔をハッキリした顔にしたくて、アイシャドウを塗りすぎる人も。
でもそれもおばさんメイクの特徴なんです。
強すぎるアイシャドウは、目元だけ浮いてしまうのでNG。

アラサー・アラフォーのアイシャドウは粒子の細かいものをサッと入れるだけ。
単色アイシャドウは上品に見えるのでおすすめです。
グラデーションをつくる場合は、しっかりぼかす事を忘れずに!

(3)がっつりビューラーしすぎ

ビューラーでまつ毛を上げることは重要ですが、上げ方に注意。
根元からがっつり上げてしまうと、カクっと不自然まつ毛に。
横から見たときに、毛先に向かって徐々にカールさせましょう。

マスカラもキレイに塗れていると高印象!
ボリュームタイプよりもロングタイプを選ぶと良いですね。
マスカラがダマになっているとかなりガッカリするので、気をつけましょう。

(4)マットすぎる肌

シミやシワを隠したい気持ちが強すぎて、厚塗りファンデになっていませんか?
ファンデやお粉、コンシーラーを重ねるとマットになりがち。
マット寄りのお肌は老けて見える原因です。

アラサー・アラフォーになるほどツヤ感を意識すべき。
ツヤ感のある下地にしてみたり、お粉をつけすぎないようにしたり。
ほどよく小さなラメが入ったお粉にするのも良いですよ。


当てはまってしまったメイク方法はありませんでしたか?
少し気を配るだけでも若々しく見えるので、試してみてください。

(liBae編集部)