使い分けも難しい!【捺印】社会人なら知ってなきゃ恥ずかしい

使い分けも難しい!【捺印】社会人なら知ってなきゃ恥ずかしい

社会人なら知っておきたい!という言葉、たくさんありますよね。
学生の頃には習わなかったのに、社会に出た途端、常識として求められてしまいます。
今回の記事は、そんな言葉の1つである「捺印」について解説してきます。

読み方は知っていても、使い分け方がわからないという方、必見です!

「捺印」は「なついん」と読む

「捺印」という漢字、読み方は「なついん」です。
社会人になると、耳にする機会や目にする機会が多くなる言葉ですが、この言葉にはどのような意味があるのでしょうか?

「捺印」の意味は?

「捺印」の「捺」には「押す・押さえつける」という意味があります。
その文字に、ハンコや印鑑を意味する「印」が続いているのが「捺印」です。

つまり、「捺印」は「印鑑やハンコを押す」という意味になるんです。
「捺印」という名詞で使う方法や、「捺印する」と動詞として使うこともできます。

実は違う?「捺印」と「押印」

「印鑑やハンコを押す」という意味では「捺印」の他にも「押印」という言葉があります。
大まかな意味は同じですが、厳密には意味が異なるんです。
「捺印」は、「署名捺印」を略した言葉であり、署名には「自分の名前を手書きで記す」という意味があります。

「押印」は「記名押印」という言葉の略で、記名の場合、名前が手書きである必要はありません。

つまり、「捺印」と「押印」には、署名の上でハンコを押すのか、記名の上でハンコを押すのかという違いがあるんです。


いかがでしたか?
今回は「捺印」という言葉について、読み方と使い方、意味をご紹介しました。
社会人ならば、知っておくべき言葉の一つです。

しっかり覚えておきましょう。

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6