【栗鼠】漢字から連想!木の実大好きあの動物!

【栗鼠】漢字から連想!木の実大好きあの動物!

「栗鼠」とは一体何を意味する漢字でしょうか?
これは、森に暮らしている木の実が大好きなあの動物のことです。
今回は「栗鼠」の読み方やその由来についてもご紹介していきます。

(1)「栗鼠」の読み方は?

「栗鼠」の読み方は「リス」です。
言われれば、「あー、なるほど」と思えるようなことですよね。

秋になると冬眠から目覚めたときのための食料を集めているのが印象的ですよね。
そのため、そのまま「クリネズミ」と読まれることもあります。

(2)「栗鼠」はなぜこの読み方になった?

「栗鼠」は純粋に読めば「クリネズミ」です。
その名の通り、どんぐりなどの木の実を集めて、隠す習性があるげっ歯類の動物です。

でも、なぜ「リス」と呼ぶようになったのでしょうか。
その理由は「リッソ」や「リッス」と漢字で書いたときに読めることからです。
これが縮まって「リス」となったのです。


あなたは難読漢字の「栗鼠」を読めましたか?
「栗鼠」と実際の動物のイメージが繋がると、一気に理解度が深くなった感じがしますよね。
これで古典をよんでも「栗鼠」でひっかかることはありませんよ。

(liBae編集部)