それ日本ではアウトです!覚えておきたい「食事マナー」NG3選

それ日本ではアウトです!覚えておきたい「食事マナー」NG3選

大人女子ならたしなんでおきたいマナー。
今回は食事マナーのNG行動をご紹介します。
海外では問題なくても日本ではアウトな3選、意外と知らないマナーもあるかも?

手皿

料理をお皿に運ぶ際や食べるときに下に手を添える「手皿」。
食材を落とさないようにする上品な所作だと思っていませんか?

実はこれも食事マナーのNG行為に該当します。

このような場面では小皿や和紙を使って料理を運ぶのが正解です。
こぼれるのが心配なら小皿や和紙を口元に近づけましょう。

ついやってしまいがちな行動でもあるので注意したいですね。

箸渡し

日本の固有文化である箸使い。
ここにもたくさんのNGマナーがひそんでいます。

箸の持ち方や迷い箸・刺し箸も有名ですが覚えておきたいのは「箸渡し」。
箸を使って食べ物を渡したり受け取ったりする行為をさします。

料理を取り分ける際によくやってしまう「逆さ箸」もNGです。
気遣いのつもりでも衛生的ではありませんので取り分け用の箸をもらうといいでしょう。

箸に関する食事マナーとしてあわせて覚えておくことをおすすめします。

お椀を逆に戻す

椀物の料理が出て食べ終わった後、お椀を逆に戻す行為も食事マナーとしてNGです。
食べ終わったことを知らせる意図で行っている方も多いのではないでしょうか。

正解はそのままお椀を戻すこと。

ちなみに食べ終えたお皿を重ねて片づけるのもNGですよ。
汚れが他のお皿に移ってしまうのが理由です。

さげやすいように好意で重ねたくなる気持ちはありますが料理を食べた後のお皿は重ねず、そのままさげてもらうようにしましょう。


何気ない行動もNG行為にあてはまってしまう食事マナー。
日本特有の文化も反映されているだけに難しさも感じますが、普段から気をつけて正しいマナーを身に着けたいものです。
ぜひ食事の際の参考にしてみてくださいね。

(liBae編集部)