読める?【犇めく】読めたらドヤ顔しちゃおう!

読める?【犇めく】読めたらドヤ顔しちゃおう!

読めるけれど書けない漢字って、たくさんありますよね。
でも、世の中には書けないし読めない漢字もたくさんあるんです。
今回はそんな「書けない読めない、でも知っている!」という言葉をご紹介します。

「犇めく」、読める方はいらっしゃいますか?

「犇めく」ってなんと読む?

「牛」という感じが三つ集まったこの漢字、なんと読むかわかる方いらっしゃるでしょうか?
「森」とも似た作りですが、正解は「ひしめく」と読むんです!

「人がひしめいている」といった使い方をする「ひしめく」という言葉は「犇めく」と書きます。

「犇めく(ひしめく)」の意味

「犇めく(ひしめく)」という言葉、時折使われますが、どのような意味があるのでしょうか?
「犇めく(ひしめく)」を辞書で調べると、「大勢の人が一か所に集まる」「集まって騒ぎ立てる」という意味が出てきました。

また、「ギシギシと音がする」という意味があるそうです。

「犇めく(ひしめく)」の語源

古文にも登場する「犇めく(ひしめく)」という言葉。
その語源はどこにあるのかご存知ですか?

もともとは中国で使われていた「犇」という漢字。
これは「牛が一斉に走り出す」様子を表していると言われています。

牛が一斉に走り出して集まり騒ぎ立てている様子を、「牛」を三つまとめて表現した人はとても発想力が豊かですね。


いかがでしたか?
今回は「犇めく(ひしめく)」という言葉の読みと意味についてご紹介しました。
ぜひ、これを知った方はお友達にドヤ顔で披露してみましょう!

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6