印象が悪くなっているかも…。人柄が表れる「NG話し方」4選

印象が悪くなっているかも…。人柄が表れる「NG話し方」4選

近頃は、リモートワークでウェブ会議をする機会も増えていますよね。
そうなると、気になってしまうのが「話し方」です。
今回は、印象が悪くなってしまう「NG話し方」を4つご紹介します。

(1)まず否定する

どんな内容の会話をしていても、無意識に「いや」「でも」など否定的な言葉から話し始めていませんか?
「まず否定する」という話し方、実はとっても印象が悪いんです。

よほど深刻な内容をしていない限り、会話というのは「意見」よりも「同意」してもらいたいもの。

また、そうでないとしても最初に相手から否定されたら、いい気分はしませんよね。

相手の意見に反対したい場合でも、最初に真っ向から否定するのはやめましょう。
一度「そうなんだ」「なるほど」など、クッションを挟んでからの方が、話も聞いてもらいやすいです。

(2)ものすごく早口で話す

話したいことがたくさんあったり、緊張してしまったり、そんなときはついつい早口で話してしまいますよね。

でも、早口の話し方、あまり良い印象ではありません。
「自分の話したいことだけ話しているな~」とか、「この人聞かせる気ないじゃん…」と思われてしまうことも多々。

誰かを相手に話す以上、聞いてもらうためには「聞きやすい」話し方がマストです。

早口で話しているのを聞いて良い気分になる方は少ないので、注意しましょう。

(3)語尾を伸ばす

学生のときの話し方が抜けず、ついつい語尾を伸ばす話し方が癖になっている方、いませんか?

学生時代はよかったかもしれませんが、大人になったらその話し方は絶対NG!

学生気分が抜けてないな、と思われてしまいます。
また、「〇〇で〜」や「は〜い」など、そういった話し方は聞いているだけで「だらしがない!」と感じられがち。

学生気分は忘れて、キビキビとした話し方を意識しましょう。

(4)相手と目を合わせない

「目は口ほどに物を言う」とはよく言ったものですが、まさにその通り。
いくら良い話をしていたとしても、目が一度も合わないと印象はあまり良くありません。

「自信ないのかな?」と思われたり、「信用されてないのかな?」と感じられてしまいます。

目を合わせて話すのが苦手な人は、身近な人から少しずつ訓練していきましょう。
何事も慣れていくのが大切です。


いかがでしたか?
今回は印象が悪くなる「NG話し方」4選をご紹介してきました。
思い当たる節のあった方、ぜひ今日から1つでも改善していきましょう!

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6