【夥しい】スラスラ読めたらかっこいい!あなたは読める?

【夥しい】スラスラ読めたらかっこいい!あなたは読める?

世の中には、言葉として知っているけれど書けない・読めないという漢字がたくさんあります。
今回は、そんな漢字の1つ「夥しい」をご紹介します。
ヒントは「夥しい数の虫」です。

なんと読むか、わかりますか?

「夥しい」ってなんて読む?

さて、ヒントにあった「夥しい数の虫」という文、読むことはできましたか?
「夥しい」、読むのが難しいですよね。

「多」という文字が入っているのがさらなるヒント……。

正解は、「おびただしい」でした!

「夥しい(おびただしい)」の意味

「夥しい(おびただしい)」と読むこの言葉、なんとなく使っているかもしれませんが、正しい意味はご存知でしょうか。

「夥しい(おびただしい)」を辞書で調べると、意味が3つ出てきました。
一つ目は「(ものなどが)非常に多い」。
二つ目は「甚だしい」、三つ目は「仰々しい」です。

なぜか、似た響きの言葉と同じ意味なんです。
一般的には「非常に多い」という意味で使われます。

「夥しい(おびただしい)」の語源

「夥しい(おびただしい)」の漢字の由来は、「果実が多い」様子からきています。
文字を見ても、その様子がわかりますね。

一方、言葉の成り立ちは、古い言葉の「怯える」と「湛える(液体をいっぱいにするという意味)」からきています。

「怯えるほどに湛えている(怯えるほどに液体が満ち満ちている)」ということから、「オビ」+「タタ」が合わさって「おびただしい」になりました。


いかがでしたか?
今回は「夥しい」という言葉について、読み方や意味、成り立ちをご紹介しました。
何気なくすらっと読んで、かっこよさをアピールしちゃいましょう!

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6