これじゃお母さんに紹介できない…彼氏がそう思ってしまう瞬間って?

これじゃお母さんに紹介できない…彼氏がそう思ってしまう瞬間って?

恋人との付き合いが長くなってくると、気になるのが彼の両親のこと。
両親に紹介されないままだと「結婚は脈なしかな?」と思ってしまいますよね。
でも、もしかしたら紹介されない原因はあなたにあるのかも。

「これじゃお母さんには紹介できない!」と彼が思ってしまう瞬間を見ていきましょう。

(1)挨拶ができない

両親への紹介で最初に行うのが、挨拶です。
挨拶は「基本のキ」。

「はじめまして、◯◯さんとお付き合いさせていただいています△△と申します。
本日はよろしくお願いいたします。」
母親がマナーにうるさくないタイプでも、このくらいの挨拶ができないと彼も不安になってしまいます。

普段から目上の人に敬語を使っていますか?
汚ない言葉遣いをしていませんか?
両親の前では丁寧な対応が必須なので、日ごろから気を付けておきましょう。

(2)ガサツすぎる

足でドアを閉めたり、音を立てて食事をしたり……。
ガサツな彼女は両親だけでなく、友達にも紹介しにくい存在です。

「両親の前では気を付けるから大丈夫!」と思っていても、普段の態度はふとしたときに出てくるもの。
甘い考えは彼にはお見通しかもしれませんよ。

特に食事のマナーは重要なポイントです。
お箸の使い方やテーブルマナーは、付け焼き刃では対処できません。
食事マナーが悪いと、「一般常識が身に付いていないのでは?」と疑問を持たれる可能性も。

将来的にもプラスになるので、ガサツな言動は控えて、おしとやかさを身に付けましょう。

(3)センスが奇抜すぎる

両親が真面目なタイプだと、奇抜すぎる見た目の彼女は「反対されそう……」と不安になるみたい。
独特なヘアメイクやファッションを好む彼女は、良く言えば個性があって魅力的。
でも保守的な母親から見ると、慣れないこともあってショックを受けてしまうかも。

外見と中身は一致しないと言われますが、第一印象は大事です。
会った瞬間にダメ出しされそうな見た目はNG。
年配の方から好かれる“清楚スタイル”を、たまには彼に見せてみて。

(4)人見知りが激しい

人見知りが激しく自分だけに甘えてくる彼女は、普段ならかわいく映るもの。
でも、親の前でも人見知りを発揮されたら……?
彼は「紹介しない方が良いかも」と判断する可能性が大です。

結婚したら、自分の家族と良好な関係を築いてほしいと思うのは当然のこと。
母親とうまくやっていけるかな?と不安になる彼女は紹介しにくくなります。
饒舌さは必要ありませんが、和やかに雑談するコミュニケーション能力は身に付けておきたいですね。


礼儀や態度に問題アリと判断されたら、両親への紹介は難しいかも。
「いつまで経っても紹介されない!」と不満を抱えている人は、自分を振り返ってみて。
原因が分かるかもしれませんよ。

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6