【海馬】これ読める?海にプカプカ浮いてるあの生き物です!

【海馬】これ読める?海にプカプカ浮いてるあの生き物です!

「海馬」と書く海の生き物、何だかわかりますか?
海に馬なんていたっけ?と不思議に思いますが、多くの人は水族館で見ているはずですよ。
ヒントは、かわいい「おちょぼ口」です。

(1)「海馬」の読み方は?

ヒントの「おちょぼ口」で分かりましたか?
正解は「タツノオトシゴ」。

「馬」の文字が入っていると大きい姿を想像しますが、実はかわいい生き物でした。

(2)「海馬」と書く理由は?

タツノオトシゴの顔の形が馬に似ていることから、「海馬」と書くようになったそうです。
実は英語でも、「Seahorse」と呼び、日本語と同じ「海の馬」の名前が付けられています。

国が異なっても名前が似通っているなんて、面白いですよね。

(3)タツノオトシゴはどんな生き物?

タツノオトシゴは魚の仲間だと知っていましたか?
泳ぎ方も見た目も魚っぽさがないので、不思議ですよね。

タツノオトシゴは、独特な子育てをすることでも有名です。
メスはオスのお腹に卵を産み、オスは稚魚になるまでお腹の中で卵を育てます。

タツノオトシゴは海の中一番のイクメンかもしれませんね。


タツノオトシゴを見たことはあっても、よく知らなかった人が多いのではないでしょうか。
今度水族館に行ったら、馬に似ているか確認してみてくださいね。

(liBae編集部)


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6