12星座別恋愛依存体質ランキング(8位~5位)

12星座別恋愛依存体質ランキング(8位~5位)

依存してしまうと、相手のことばかり考え、人によっては相手の言いなりになってしまう場合があります。
そこで今回は12星座別恋愛体質ランキング8位から5位をご紹介します。
依存してしまう原因をこの記事でチェックしてみくださいね。

8位 いて座

理想を高く持っていて、手に入りにくいものにほど、やる気がでるいて座。

恋愛も一緒で、ライバルが多ければ多いほど一生懸命になるでしょう。
いて座のピークは恋愛を追っている時といってもいいかもしれません。

そのため、恋愛関係がはじまる前に夢中になり、交際に発展したらその気持ちは少なくなるようです。
依存することもなく、自由に人を愛するのがいて座の特徴といえます。

「釣った魚にエサはやらない」状態にならないように気をつけたいですね。

7位 おひつじ座

「好きになったら一直線!」のおひつじ座。

付き合いはじめの頃は彼のことが好きすぎて、他のものは目に入らなくなる傾向があります。
そのため、少し依存することもあるでしょう。

しかし、熱が冷めやすいのもおひつじ座の特徴ですから、一定期間が過ぎると他のことに夢中になり、すっかり依存心もなくなるようです。
彼はその変わりように驚くかもしれませんね。

恋愛を長続きさせるには、少し冷めたぐらいの方ががちょうどいいのかもしれませんね。

6位 やぎ座

一度好きになった相手とは、どんな困難が待ち受けていても乗り越えようとするやぎ座。

彼が理不尽な要求をしてきても、嫌われたくない一心で我慢してしまうことも。
せっかく掴んだ恋を離すまいと、頑固になってしまう時があるのかもしれません。

その結果、依存してしまう傾向があるようです。
普段は冷静な人ですから、自分を見失わないようにすれば、依存しなくても楽しい恋愛ができるはずですよ。

5位 おうし座

変化を嫌うおうし座は、一度手に入れた関係をずっと維持しようとします。

他人に気持ちを見せるのも苦手ですから、一度心をオープンにした相手には、依存してしまう可能性があります。
会っていない時でも、彼の行動が気になり、束縛や独占欲が強くなってしまうかもしれません。

感情を素直に出すことはしませんが、心の中がかき乱されることもあるでしょう。
感情の起伏が激しい人や、気分で行動をコロコロ変えるような人が相手だと、その変化についていけず、常に不安がつきまとってしまいます。

柔軟性をもつことができれば、相手の言動に左右されずにすむでしょう。


相手に依存してしまうより、対等に付き合える方が、お互い楽かもしれません。
依存傾向にある人は、ぜひ今回の記事も参考にしてみてくださいね。

(liBae編集部)
2020年5月8日現在


~編集部オススメ~
1
2
3
4
5
6